セラピスト4月号 メディカルハーブの温湿布でぽっかぽか!

投稿日:2013年4月11日 更新日:

現在発売中のセラピスト4月号では、メディカルハーブ特集をお届けしています。

130411-1.jpg

医療現場、海外の事例、カウンセリングの場、美容などさまざまなハーブの使い方を掲載していますが、今回は、メディカルハーブを使った「温湿布」についてさらにウェブでもご紹介します!

取材に伺ったのは、自然素材のものだけを使ってトリートメントを行う、東京・自由が丘の「フィトセラピーサロンソフィア」さん。

お話を伺った店長の野口さんはフィトセラピストで、ハーブを日常遣いしている達人です。
毎日、ハーブの浸出油でセルフマッサージをし、ハーブティーをかかさず飲んでいるとおっしゃっていました。

130411-2.jpg

ハーブを生活に取り入れると、「最強の女になりますよ!」とのこと。なりたいです!

生活にハーブを取り入れる方法はいろいろありますが、「温湿布」もそのひとつ。
ハーブを抽出したお湯にタオルを浸し、背中やお腹に当てます。
温まるだけでなく、ハーブの成分が皮膚から吸収されていきます。

130411-4.jpg

サロンでは、ホットストーンを上に乗せて、温湿布のタオルが覚めないように工夫。
温湿布のぽかぽか効果で、撮影モデルさんが「気持ちいい〜」と、うとうとしていました。

自宅で行う場合は、温湿布の上にサランラップを巻くと良いそうです(写真はサロン用のビニール)。
さらに、その上から毛布やタオルをかけると汗がだくだく出てきます。

130411-6.jpg

今回、温湿布に使ったハーブは、ローズ、ジャーマンカモミール、フェンネル。
ホルモンバランスの乱れに効果的なブレンドです。

130411-5.jpg

ちなみに、温湿布用にハーブをブレンドする場合、ブレンドする数は少ないほうが良いそう。
種類が多すぎると効能が「ぼける」とか。

本誌では、四季に応じた温湿布用のハーブブレンドもご紹介しています。
また、温湿布の具体的な作り方も説明しています。

温湿布の浸し方にもコツがあるので、チェックしてみてください!

-

おすすめ記事

11月11日(日)、「宇宙からのメッセージについて語る対談&サイン会」を東京・八重洲ブックセンター本店で開催!

 『宇宙とつながる 自分とつながる』(小社刊)のデビュー作の大ヒット後、明快な語り口で精神世界を解説するリリー・ウィステ …

日本の薬局でも「アロマオイル」が買える日は近い!?

こんにちは、編集部のSです。  先日「アロマ」の取材へと向かう道すがら、 普段であれば全く気に留めないような 窓ガラスに …
no image

お肌の不調を改善する食べ物がすぐにわかります!

こんにちは。セラピスト編集部の田中です。 ここ数日、一気に秋めいた空気になってきましたね。 大好きな焼き芋が美味しく食べ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD