セラピスト・エステティシャン名鑑

心身を癒し、美しくするために施術を行う人、またはセラピストを養成するための講師として活動している、セラピストとエステティシャンたちをご紹介します。

國分利江子 こくぶんりえこ

「心とからだの繋がり」に興味を持ち、1998年、ホリスティック医学に基づくマッサージセラピーを学ぶために、「マッサージセラピー界のハーバード大学」と称される米Swedish Institute に、2001年に入学。2006年に東京・代官山にサロンをオープン。

ケイ武居 けいたけい

1993年からイギリス、オーストラリア、スイス、フランスで、美容学・化粧品学・生理解剖学・アロマテラピー専科・エステティック専科を履修。現在、サロンでの施術のほか、「プロのための特別講座」として「知識」「経営」「技術」の講座を中心に、企業の社員教育や技術開発なども行う。

岡野真弥 おかのまや

星野リゾートにて、コンシェルジュとして滞在アレンジやブライダルのプロデュースに携わった後、外資系企業で秘書業務に従事。多忙なスケジュールにより体調を崩し、アトピー性皮膚炎に悩まされるも、植物療法、東洋医学を取り入れることで不調を改善。現在は、セルフケア法を広める講師やカウンセリング、商品開発などに携わっている。

おのころ心平 おのころしんぺい

セラピストとして25年。ココロとカラダをつないで自然治癒力を発動させるというカウンセリングを述べ2万5千件以上。その経験をもとに一般社団法人自然治癒力学校を開講し、ココロとカラダの関係やセルフケアの方法、現代医療にかかる際のコーディネートの在り方などを伝える(開講から今年まる10周年)。『病気は才能』など著書多数。ブログアクセスは月間50万以上。

浮世満理子 うきよまりこ

米国にて心理学を学び、帰国後、「カウンセリング・メンタルトレーニングを日本に定着させたい」と、株式会社アイディアヒューマンサポートサービスを設立。トップアスリートや企業経営者などにメンタルトレーニングを行うほか、教育部門アカデミーで心のケアの専門家の育成も行う。

稲本正 いなもとただし

国産精油yuicaブランドを立ち上げ、日本生まれの精油の普及を牽引。1994年、著書『森の形 森の仕事』(世界文化社)で毎日出版文化賞を受賞。『森の惑星』(世界文化社)プロジェクトで世界の森林を訪ねる。教育事業の一環として「yuica認定日本産精油総合講座」を開設。人と自然の健康を繋ぐ日本産精油の必要性や身近な使い方を提案。

安珠 あんじゅ

1996年よりアロマセラピスト、ボディワーカーとして活動、ホリスティックチーム医療にも携わる。都市型ライフスタイルへの疑問から、パーマカルチャーを学び自然と共生する暮らし実践のため、2009年に福島県・裏磐梯に移住。Earth Spiralディレクター。もりとアートの学校主宰。

武藤悦子 むとうえつこ

日本におけるオーラソーマの第一人者。各種セラピーにも精通し、26年以上のキャリアの経験と実績に基づいたレクチャー、細やかな配慮と気づきを与える明晰性は受講生から絶大な信頼と支持を得ている。女神や天使のガーディアンセラピーやハムサリーディング、シレーヌ〜マーメイドヒーリングなどさまざまなオリジナルセミナーも開催。セッションやセミナーの5万を数える受講者には著名人も。

藤原綾子 ふじわらあやこ

2006年株式会社リクルートを退職後、アロマセラピーサロンを開業。2011年東日本大地震をきっかけに、アロマセラピーの重要性を痛感し、アロマセラピストの地位と技術、知識の向上を目的とする「魔女のアロマセラピー研究所(魔女ラボ)」を2012年に設立。

藤井峯子 ふじいみねこ

1980年、国際資格CIDESCO取得。2007年、日本エステティック協会TEA取得。日本エステティック協会の優Zenエステティックセラピーの開発・指導に関わる。株式会社ラピスクーナではスパラクーア店、自由が丘店、青山店をプロデュース。スクールでは、独自の教育理論でエステティックの資格取得から就職までサポート。オリジナルトリートメントとして『骨洗いマッサージ〜クーナ・クーナ』などがある。

バーグ文子 ばーぐあやこ

パトリシア・デーヴィス氏に英国式アロマテラピーとサトルアロマテラピーを学び、LSA日本校を1997年に開校。その後、カート・シュナウベルト博士に師事し、フランス式アロマテラピーを学ぶ。カトリーナ・ラファエル氏よりクリスタルセラピーを学び、サトルアロマテラピーとの融合を図る。

西川眞知子 にしかわまちこ

インドのアーユルヴェーダを日本の伝統的な食事や暮らし方、さらにはアジア諸国の植物療法や運動療法などの自然療法や心理療法を和の精神でつなげ「日本人に役立つ日本人によるアーユルヴェ-ダ」を構築、指導している。

小林ケイ こばやしけい

アロマセラピーを通して自分と向き合い、自分らしい生き方に目覚めるためのメソッド『Awakening Aromatherapy』を確立。全国から受講生が集まっている。

神崎貴子 かんざきたかこ

数々の日本代表選手やプロアスリートの専属トレーナーとして活動し、シドニーとアテネ五輪では選手村に入り、海外選手を担当。ロンドンオリンピックパラリンピック選手帯同。国内外のアスリートのケアを行いながら、スポーツアロママッサージ普及のため、トレーナー教育にも従事する。

烏山ますみ からすやまますみ

大学で心理学を学び、卒業後も精神科医である大学教授の助手を行いながら“月経とストレスの関連性”の研究を継続。 予防医学としての女性の癒しを追求したく、リラグゼーションサロン、スパ施設、ホテルエステ、トータルビューティーサロンにて接客~管理運営業務の他、職業訓練校にてアロマ講師として幅広く担当。

小澤智子 おざわともこ

2006年にWell-being株式会社を設立。同時にセラピスト支援団体「JOINUS日本セラピスト活動協会」を立ち上げ現在(2017年度)、2500人を超えるコミュニティに。生涯現役をモットーに、アロマセラピスト&講師として活動。

荻野麻里 おぎのまり

1997年リフレクソロジー研究発祥の国アメリカ・ニューヨークにてリフレクソロジーを習得。全米認定試験ARCBに合格後、NYベスイズラエル総合病院付属ホスピスのボランティアリフレクソロジストとして活動。

大橋マキ おおはしまき

IFA認定アロマセラピスト。アロマ空間デザイナー。放送局を退社後、英国で植物療法を学ぶ。都内病院でアロマセラピストとして6年活動後、葉山町にて介護者のためのアロマセラピー講座を担当。その後、「葉山つながりプロジェクト」発起。

大杉みどり おおすぎみどり

エステティックグランプリにて、2016年、顧客満足部門とモデルサロン部門の2冠を獲得。また、2017年には、史上初、顧客満足部門で2年連続3度目の全国1位獲得と、サロンの顧客満足において、圧倒的な実績を持つ。

池田明子 いけだあきこ

フィトセラピスト。検査技師として病院勤務の経験から、伝統医学に興味を持ち、その後ハーブやアロマセラピーなどフィトセラピー(植物療法)を学ぶ。 植物の力で自然治癒力をサポートし、人々に美と健康をもたらすことのできる専門家「フィトセラピスト」の養成校を2006年、東京・自由が丘に設立。