ひとりひとりの力で繋がる、アロマの輪。

投稿日:2015年7月3日 更新日:

こんにちは〜。
セラピスト編集部のはんざわです。

今日の東京は、雨が降り続いております。
どこに行っても蒸し蒸し蒸し。
日本ごと除湿器をかけてほしい感じです。

そんななか、セラピスト本誌と並行して、私はこちらの仕事を進行中。

http://www.therapylife.jp/aroma-chousa/

日本アロマセラピー学会の前田和久先生のプロジェクト、
「アロマケアのアンケート調査」のお手伝いを、ほんのわずかばかりしています。

ざっくり言うと、
「医師が、医療現場でアロマを処方できるようになるためのガイドライン」
を作るための下調べ、といったところでしょうか。

医者がアロマの処方?
そんなの意味あんの?
病気だったら、薬のほうが効くんじゃないの〜?
と思うことでしょう。

でも、医療現場でのアロマの普及が進むと、みんな健康になり、かなりラクになるのでは・・・と私は本気で思っています。

実際、私が本格的に、この道(?)への興味を抱いたのは、アロマがきっかけ。
20代の頃、心身ともに体調を崩したときに、何気なくベルガモット精油を購入し、
「なんか良くなる!」と体感したのが始まりでした。
その頃、ベルガモットを何本消耗したか。
いつもティッシュやハンカチに垂らしてくんくんしてました(ジャンキー・・・)。

それからもたくさんの精油をセルフマッサージや芳香浴で試していくと、
身体の感覚にどんどん気付いたり、体調が改善。
いまは、プチグレンで心の不安を取り払い、
ペパーミントで頭痛を撃退、
サイプレスで月経不順を調整するのが基本セットです。

自分の状態と合った香り選びを外す時もありますが、
身体にばしっとアロマが入り込む時がある。
すると、しゅしゅしゅしゅーーーっと元気が発動する。
一度体感すると、やめられなくなる感じです。
ほんとにほんとにアロマはすごいです。

私のようなてきとーな選び方でも、これだけ効果が出るのだから、
病気と身体に精通したドクターが、きちんと精油の処方をするようになれば、
アロマが補完療法としてかなりの結果を出せるのでは。
また、アロマを知らない患者さんも怖がらずにトライできると思います。

で、結局、なにが言いたいかというと、
「皆さん、アンケートにご協力ください〜〜〜!!」
ということです。
そうです、これが本題・・・。
<(_ _)>

研究者やドクター、看護師、セラピスト、精油メーカーさん、農家さんの日々の努力を1ミリくらいは知っている私としては、ぜひこのプロジェクトが成功することを願わずにいられません。

全国規模でアロマの調査をする機会はめったにないので、
アロマ業界の発展のためにも、セラピストさんも医療従事者の方も、愛好家の方も、ぜひぜひこのアンケートにご協力をお願いしたいです。

ちなみに、このアロマの調査については、冬くらいの号でも、記事にてお届けする予定です。

ではではまた〜。

-
/ /

おすすめ記事

no image

各ブランドおすすめ!シーン別ですぐに使える16レシピ

日々精油を取り扱う各ブランドが、おすすめレシピを4つのシーン別にご紹介。精油を知り尽くすメーカーならではの珠玉のブレンド …
no image

セラピストの幅を広げるプレミアム精油

希少な精油、珍しい精油であっても、世界には使用例があり、産地や作用、適用など、セラピストが使用するにあたって必要な情報は …
no image

毎日の「養生」ライフに!”経絡養生時計”で1日の経絡リズムを知る

『セラピスト2月号』で、漢方アロマの魅力や経絡を用いた施術方法を解説した、雲瑶刮痧中医学院 講師の雲瑶さん。経穴や施術の …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD