校了を終えて、髪を切りにヘアサロンへ。8月号の発売にあわせて、髪型も夏仕様に。

投稿日:

 こんにちは、編集部のSです。

 先日、無事に雑誌「セラピスト8月号」の校了を終えました。

 どうしても、締め切り前は余裕がなくなってしまい、髪を切るのも後回しになりがちなのです。
そして、ようやく校了作業を終えたのでヘアサロンの予約を取り、髪を切りに行ってきました。

 私は、基本的にいつも担当していただいている方を信頼して「お任せします」と、細かく注文したりはしません。

 それでも、これまで1度も「失敗した」と思ったことはありません。
 で、今回は「夏も近いのでバッサリ行きますね」と 夏仕様 に仕上げていただきました。
(…バッサリとカットしたので、頭が軽くなりました。)

 今回のサロンで「おや?!」と思ったのは、いつもよりちょっとマッサージが長めかな?と思ったこと。ここしばらくの校了作業で身体が凝り固まっていたのでしょうか。。。?

 さて、先日校了した「セラピスト8月号」(7月5日発売)では、第1特集で「ヘッドセラピー」を取り上げました。
 解説:「医師に聞く『頭皮&毛髪のメカニズム』」から、パート1「緊張をゆるめる『アキュポイントヘッド』」、パート2「アーユルヴェーダ『クリシュナケア&シロダーラ』」、パート3「優しい圧でゆるめる『ブレインタッチ』」、パート4「感情を解放しキレイに導く『美容クラニアルセラピー』」と、「近藤サトさん『自然体のヘアケアライフ』」のコラムで構成しています。

-
/

おすすめ記事

セラピスト12月号第1特集連動記事 講師が教える、おすすめのスクール活用法!後編

セラピスト12月号の第一特集では、さまざまなスクールに通い、転機を経験したセラピストたちのエピソードを紹介しています。こ …

セラピスト8月号 タッチング特集ウェブ連動記事(前編)

セラピストの基本であり、一生磨きつづける技術でもあるタッチング。優れたタッチングは、人を安心させ、身体の自己治癒力を呼び …
no image

フレッシュハーブを使って

こんにちは。 東京では、ここ数日は、少し寒さがゆるみ、 過ごしやすい日が続いています。 北陸や北日本では、 大雪や、寒さ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD