猫とセラピー

投稿日:2018年2月16日 更新日:

セラピスト4月号の作業が、佳境をにさしかかり、

なんとか終わりが見えてきました。

次号では、皆さんがこれまで知る機会が無かった和精油の情報や使い方を紹介しています。

お楽しみに!

さて、今回は和精油ではなく、「猫」について書きたいと思います。

なぜ猫なのか? それは、私が好きだからというのもありますが、

猫って、とてもセラピー的な動物だと思うのです。

180216_main.jpg

自己をしっかり持っていて、必要以上に(ごはんのおねだり以外に?)人にこびることがない。

そして、どういった事情かはわかりませんが、自分のやりたいことをやりきろうとしているように見えます。

(全部、筆者の妄想です。猫が本当は何を考えているかなど、知る由もありませんから……)

言葉が通じない分、相手(猫)をしっかり観察して何を求めているのか推し量る―猫と向き合っていると、

そんな訓練をしているような、試されているような気がしてきます。

言葉を使わない傾聴力のトレーニングといったところでしょうか。

180216_1.jpg

(何を考えているのか……ホ●ヤクコンニ●クがほしいところ)

また、猫と触れ合うと血圧が安定したり、鳴き声のごろごろを聴くと免疫力がアップする人がいるようです。

近年のネコノミクスの影響からか、猫が店長のサロンというのもあるようですが、

そういった話を聴くと、猫に店長として働いてもらう(?)のは、集客力アップだけではなく、

癒しの効果が倍増する理にかなったサロン戦略なのかもしれません。

180216_2.jpg

(お茶を出してくれる猫店長のイメージ。あくまでも筆者の妄想です。)

180216_3.jpg

(この足でつぼを刺激されると、気持ちよさそうです。猫タッチング!)

ただ忘れてはいけないのは、猫たちが人間・自分のために存在しているのではないということ。これも人間関係にあてはまることですね。相手のことを尊重して付き合っていけると良いですね。

猫とセラピーについては、今度本誌でじっくり掘り下げてみたいと考えています。

編集部AKI

-

おすすめ記事

no image

セラピスト2月号取材裏話!〜フラワーエッセンス編〜

こんにちは。セラピスト編集部のはんざわです。 1月7日に発売された「セラピスト2月号」の取材裏話をお届けします。 今回の …
no image

簡単診断!食生活から腸の状態を知ろう!

腸は、食べ物から摂取した栄養素を吸収し、毒素を排出する重要な器官。 現在の腸の状態は、これまで食べてきた物がそのまま反映 …

「死にたい」という人にどう接するかーー「セラピスト8月号」連載「精神科医・香山リカ先生」に聞きました!

次号のセラピスト8月号で、精神科医・香山リカ先生の「精神医学の基礎知識」連載も4回目となります。そんな同連載の次号のテー …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD