「癒しのタッチセラピー」あなたの大切な人を幸せに…

投稿日:

はじめまして!
2月から編集部に配属になりましたRです。

先週発売したばかりの『セラピスト4月号』では、『癒しのタッチセラピー』の特集をしています。

私自身、ボディケアやセラピーを受けることが大好きで、たくさんケアをしてもらってきましたが、「もう一度受けたいなぁ」と思うセラピストは、知識や技術のレベルが高いだけではなく、やはり“触れ方”も丁寧でした!

クライアントの身体に手を触れるときの“触れ方”はもちろんですが、それ以外にも、まなざしや呼吸の誘導、タオルワークの丁寧さから、そのセラピストが持つ優しさを感じることがありました。

きっと、“また会いたくなるセラピスト”は、施術を行う前 から、“何か特別なこと”を行っているのでしょう。

そう感じたのは、私自身も、セラピストとして活動していた経験があるからです。

お客様のお身体のケアをさせていただくわけなので、もちろん、知識や技術は大切なのですが、それよりももっと大切だと思うことは、セラピスト自身の心の持ち方なのだと思っています。

そのセラピストが、どんな思いでお客様と寄り添っているか・・・
多くを語らなくとも、手から思いは伝わります。

そのことを十分に理解しているセラピストは、自分自身の心と身体のケアを丁寧に行っている印象があります。

相手のことばかりに一生懸命で、ついつい自分自身のケアをおろそかにしてしまいがちですが、直接お客様のお身体に触れるセラピストだからこそ、自分自身の心の状態を丁寧に観察することが大切なのです。

ここでは、そのためにオススメの方法を3つご紹介します。

① 身体を温めること
② 適度に身体を動かすこと
③ 呼吸を整えること

自分自身の心の状態を観察するために、 “疲れを溜めない習慣”を散りばめておくことが大切なのです。

今回の『セラピスト4月号』では、『また会いたくなるセラピスト』が、何気なく行っているテクニックを、惜しみなく紹介しています!

「大切な人を癒したい」と思う、全ての方に読んでいただきたい内容です。
セラピスト4月号、是非ご覧ください♪

編集部 R

おすすめ記事

プライベートブランドを作りたいセラピストのための、OEMの予備知識(セラピスト6月号第2特集連動記事)

 セラピスト6月号の第2特集では、『サロンコンセプトに合わせた「わたしのブランド」を確立 プライベートブランドを作ろう! …

「BODYCARE JAPAN 2022」チケット発売開始!

長引くコロナ禍、人口減少と高齢化、長引く不況、相次ぐ生活必需品の値上げなど、さまざまな課題に直面している現代の日本。 そ …
銭湯イメージ

忙しい時期にはついつい後回しにしがちですが、自分をいたわる時間ちゃんと取ってますか?

昨日セラピスト12月号が無事校了を迎え、ようやく人心地ついております。バタバタしている間に、もうじき11月。毎日慌ただし …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD