「癒しのタッチセラピー」あなたの大切な人を幸せに…

投稿日:

はじめまして!
2月から編集部に配属になりましたRです。

先週発売したばかりの『セラピスト4月号』では、『癒しのタッチセラピー』の特集をしています。

私自身、ボディケアやセラピーを受けることが大好きで、たくさんケアをしてもらってきましたが、「もう一度受けたいなぁ」と思うセラピストは、知識や技術のレベルが高いだけではなく、やはり“触れ方”も丁寧でした!

クライアントの身体に手を触れるときの“触れ方”はもちろんですが、それ以外にも、まなざしや呼吸の誘導、タオルワークの丁寧さから、そのセラピストが持つ優しさを感じることがありました。

きっと、“また会いたくなるセラピスト”は、施術を行う前 から、“何か特別なこと”を行っているのでしょう。

そう感じたのは、私自身も、セラピストとして活動していた経験があるからです。

お客様のお身体のケアをさせていただくわけなので、もちろん、知識や技術は大切なのですが、それよりももっと大切だと思うことは、セラピスト自身の心の持ち方なのだと思っています。

そのセラピストが、どんな思いでお客様と寄り添っているか・・・
多くを語らなくとも、手から思いは伝わります。

そのことを十分に理解しているセラピストは、自分自身の心と身体のケアを丁寧に行っている印象があります。

相手のことばかりに一生懸命で、ついつい自分自身のケアをおろそかにしてしまいがちですが、直接お客様のお身体に触れるセラピストだからこそ、自分自身の心の状態を丁寧に観察することが大切なのです。

ここでは、そのためにオススメの方法を3つご紹介します。

① 身体を温めること
② 適度に身体を動かすこと
③ 呼吸を整えること

自分自身の心の状態を観察するために、 “疲れを溜めない習慣”を散りばめておくことが大切なのです。

今回の『セラピスト4月号』では、『また会いたくなるセラピスト』が、何気なく行っているテクニックを、惜しみなく紹介しています!

「大切な人を癒したい」と思う、全ての方に読んでいただきたい内容です。
セラピスト4月号、是非ご覧ください♪

編集部 R

-
/ / /

おすすめ記事

no image

ラクで美味しいクスクス料理。

こんにちは〜。 セラピスト編集部のはんざわです。 とつぜんですが、 「クスクス」 にハマっています。 ご存知のない方もい …
セラピスト編集部ブログ赤紫蘇ジュース1

今年も作る赤紫蘇ジュース −「ゆる身土不二」スタイルー

ここ数年マイブーム(古い!?)なのが、「身土不二(しんどふじ)」をゆる〜く意識したライフスタイル。“身”は身体、“土”は …
肌トラブル

12月、この時期は肌の乾燥が止まりません!肌トラブルの原因は潤い不足だけですか?

12月に入ると、遂に手指だけでなく顔まで乾燥がひどくなってきました。外気の乾燥と、室内の暖房によるダブルの乾燥に24時間 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD