桃栗三年柿八年。さてグレープフルーツは? −何気なく埋めた種が芽を出したー

投稿日:

こんにちは。編集部のMBです。

編集部のある東京も、だいぶ秋めいてきました。夜は羽織るものがないとちょっと寒い感じです。お店で見かける果物も、柿や梨、ぶどうなど、“秋の果物”が多く並ぶようになりました。

近年は輸入製品やハウス栽培など、いろいろな果物を1年中食べられるようになりましたが、それでもやっぱり夏には柑橘系の果物が食べたくなります。中でも私はグレープフルーツが好物で、そのまま食べたりジュースにしたり、ソースにしたりと1~2日に1個は頂いていました。

そして、その食べたあとのグレープフルーツの種を、キッチンハーブ(ローズマリー)のプランターに期待もせずにいくつか軽く埋めておいたのですが、その種が、忘れた頃に発芽(していた)。双葉が出て、本葉が出て……と、現在、写真のような状態です。何気なくポイッと埋めたので記録がないのですが、8カ月位経過しているかもしれません。

グレープフルーツセラピトブログ

今は、日に当てるため、外に出して育てています。

このまま上手く育てれば、もしかして“グレープフルーツ食べ放題!?”と、わくわくして調べてみたところ、なんと、グレープフルーツは、花を咲かせるまでに1~5年、実を付けるまでに10年以上かかるのだそう。

桃栗三年柿八年―。一人前になるには相応に時間がかかるものだという諺を思い出しました。そして、グレープフルーツは十年。長い(笑)! でも、なんだか楽しみになってきました。コツコツ育ててきたものが実を結んだら、それはそれは嬉しいことでしょう。そして、「このグレープフルーツが実をつける頃までに、○○を達成しよう!」と、こっそり願をかけてみました(笑)。

何かのプロフェッショナルになるには、相応の努力と時間が必要です。セラピストとう職業は、まさにこの諺に合致するのではないでしょうか。

セラピスト10月号では、特別企画「資格を上手に活かして、ワンランク上のセラピストになる!」として、新たな技術と知識を会得して活躍の場を広げたセラピストの実例とともに、秋から学べるスクール、目指せる資格を紹介。セラピストという仕事は、常にステップアップしていくことが必要です。「もっと施術効果を高めたい」「この先もこのままでいいのだろうか」「新たな技術を取り入れたい」など、ワンランク上の自分を目指す皆さんの参考にして頂ければ幸いです!

「セラピスト10月号」発売中です!

セラピスト10月号」発売中です!

-
/ /

おすすめ記事

コロナ禍の今、知識を深め、スキルアップに専念するセラピストやエステティシャンたち

新型コロナウイルスの影響で、営業が滞ってしまうサロンが多いようです。こんなときこそ、知識を深めたりスキルアップに時間を充 …
no image

セラピスト10月号、南ドイツムルナウ発、チャクラ・フラワーエッセンス療法

現在、全国の書店で発売中の「セラピスト10月号」。 その特別企画として、ドイツでホメオパスとして活動する森Wenzel明 …
no image

ハーブティーにハマっています!!

こんにちは! かなりお久しぶりに書かせていただきます、 編集部の諏訪です というのも、以前使用していたパソコンがブログを …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD