今年は約50のブースが集結!JAA主催『いやしの祭典2019@TOKYO』を取材してきました

投稿日:

こんにちは、編集部Tです。
10月26日(土)、東京・品川で開催されたJAA主催『いやしの祭典2019@TOKYO』へ取材に行ってきました!

いやしの祭典1

受付けを済ませると、すぐ目の前に弊社ブースがあり「おおっ」と驚かされました(笑)。今回会場は4つのゾーンに分かれていたのですが、BABブ—スは「Forest」ゾーンでした。アロマミストが流れ、タイミングによっては周囲が淡く霞むので、まさに森の中にいる感覚に。ご近所ブースには日本産精油を取り扱う出展者さんが多く、クロモジ、ユズ、スギの香りなどを試させていただき……なんとも癒されます。面白いのは、クロモジの枝を量り売り販売していたところ。枝の用途としては、切ってディフューザーにしたり、箸置き、あるいはモビールとしてインテリアに使ったりできるそうです。

いやしの祭典1.5

会場奥へ進むと、「Rain」ゾーンで繋がる「Flower」「City」のゾーンへ。この3ゾーンは照明が落とされてリラックスムードで……まるでサロンの施術ルームにいるみたいでした。フロアの左右にはブースが並び、前方と後方にはそれぞれステージが設けられ、気軽に回遊する来場者の姿が見られます。ただ、暗めの照明と相まって、覗き込まないと商品情報が読めず、かなり食い気味にブースにお邪魔してしまいました(笑)。

いやしの祭典2

そしてスポーツアロマのブースでは、10分間の肩マッサージを体験。トレーニング後に最適というケアローションを塗布してもらうと、いい香りとともにスーッとクールダウンする感覚が。それだけでも心地よいのですが、さらに首と肩をしっかりほぐしてもらうと、10分とは思えないほど軽くなりました!体験ブースは、自分で効果をちゃんと実感できるのがいいですよね。(イベント特別価格のケアローション、午後そこそこで完売されたというのも納得でした。)

いやしの祭典3

新商品を手に取って試せたり、普段は店舗販売していないショップが出展したり、購入者と生産者が顔を合わせてお話できたり。たくさんのショップ・団体を一度にいくつも見て回れ、しかも見比べられるのは、イベントを訪れる大きなメリットですね。
弊社が4月に開催する「発見!アロマ&ハーブEXPO 2020」も、皆さまに“ここでしかできない貴重な体験”をお届けし、喜んでいただけるイベントにするべく鋭意準備中でございます。楽しみにお待ちください!

-
/ / / / / / /

おすすめ記事

セラピスト編集部ブログもち麦

「腸内環境改善」のために、毎日のご飯を「もち麦」に変えてみました

【「セラピスト」編集部ブログ】もはや、健康関連のキーワードとして定着した感のある「腸活」。私たちの腸内には1,000種1 …

「ヒルデガルト祭り」で、中世ドイツのホリスティックセラピーを体験!

中世ドイツ、ヒルデガルトならではのアイテム、スミレクリームなども多数登場 専門家の解説とともに、薬草オイルから宝石オイル …

1人ひとりに合わせた「ホームケアのアドバイス」ができれば、サロンのリピート率は、どんどん上がる!

桜の開花が進み、コートのいらない日々がやってきました。 サロンのメニューは「春」用に変わりはじめ、お客さまの来店ペースも …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD