「自然治癒力」と「やる気スイッチ」

投稿日:

6年前から、小学生年代のサッカークラブに、指導者として携わっています。

今、教えているのは、この春3年生になった子供たち。
まだ身体が小さく、体力だけでなく技術やサッカーに対する気持ちにも、個人差がある世代です。

先月、2年生(当時)最後の行事として、親子サッカー大会を開催しました。
そこで、こんなことがありました。

4.11-1.jpg

普段はとても大人しく、試合中もなかなかボールを追いかけてくれない子がいるのですが、その日、相手チームにお母さんがいると分かると、今までに見たことがないような猛烈なチャージをしかけ、ボールを奪いにいったのです。

その子にとって、サッカーの練習や試合中に、初めて「やる気スイッチ」が入った瞬間でした。

それまでにも、あの手この手で、その子の「やる気スイッチ」を押そうとしました。
ところが、一向にそのスイッチは「オン」になりません。
もしかしたら、その子には「やる気スイッチ」がないのではないか……。

ところが、ちゃんと「やる気スイッチ」はあったのです。
ただ、指導者である自分が、そのスイッチを見つけられなかっただけなのだと……。

少年サッカーの指導者に求められることは多々、ありますが、低学年の指導者の場合、この「やる気スイッチ」を「オン」にすることも大きな役割の一つといえます。

ただ、そのスイッチを見つけることが難しく、そこが指導者の技術と経験の差にもなるわけです。
そのために、自分の引き出しを目一杯活用しなければならないのです。

セラピストにも、同じことが言えるのではないでしょうか?

少し前に、「治しと癒しの違いは、治しが第三者による医学的アプローチで実現するのに対し、癒しは本人の内部から起こる」という記事を読んだことがあります。
つまり、セラピストが人を癒すのではなく、その人自身の自然治癒力により自ら治癒するのであり、セラピストはそのサポートをしているにすぎないのです。

4.11-2.jpg
先日、あるアロマセラピストさんを取材していると、同じようなことをおっしゃっていました。

「セラピストの役割とは、その人のことを外から見て、必要な情報を与えてあげることなんですよ。その結果、その人自身の自然治癒力が癒しを起こすのですよ」

セラピストは、クライアントの自然治癒力が働くように、さまざまなセラピーを活用します。
1つひとつのセラピーは、あくまでも手段に過ぎませんが、自然治癒を起こすという目的のために、セラピストはたくさんの引き出しを用意しておくのです。

くだんの親子サッカーの場で、「こんなスイッチの入れ方があったのか!」と喜んだ私は、翌週の試合に所用で行くことができなかったため、その子がどんな様子だったのか知りたくて、試合に帯同した別のコーチにメールをしました。

数時間後に返った来た返信メールには、その日のチーム全体の報告と共に、次の一文がありました。

『親子サッカーで「やる気スイッチ」が入った○○君ですが、今日はどうやらそのスイッチを、家に置き忘れてきたようです──。この前は、きっと、お母さんが相手だったから、スイッチが入ったのかな?』

また、別の引き出しを用意しなければなりません……。

稲村

-

おすすめ記事

no image

成長を促す「エステティックグランプリ」のステージ

4月に開催された「第3回エステティックグランプリ」。 その第4回目となる大会エントリーの受付が、始まっています。 &nb …
no image

心身を浄化してくれる美味しい食べ物のお話(しかもグルテンフリー、カゼインフリー、動物性たんぱく質フリー)

こんにちは!セラピスト編集部の田中です。 編集部ブログにしてはめずらしく連日投稿です(笑) 今日は冬みたいに寒いですね。 …
プラムのラビオリ

他ではなかなか出合えない、プラムの甘酸っぱさがクセになる「プラムのラビオリ」

他にはない特徴があるとその特徴を求めてそのお店を選んでしまいますよね。自分の特徴を上手く集客につなげる、いわば「ブランデ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD