セラピストの課題と使命とは?

投稿日:2015年10月23日

今年も早いもので、あと2カ月と少し。
サロンに来るお客さまの中には、1年の疲れを癒すことを目的とした方が増えてくるでしょう。

心と身体が疲れて、やって来る人たち。
そんな方たちをメンテナンスし、エネルギーをチャージするのは、セラピストの重要な役割です。

151023ina.jpg

先日、外国で暮らしている、あるカウンセラーが、こんなことを言っていました。

「日本と欧米では、カウンセリングの役割が少し違うんです……」

欧米では、具合が悪かったり病が原因でカウンセリングやセラピーを受ける人もいるけれど、状態が回復してからも仕事の業績を上げたり、キャリアアップをするために彼らを活用しているのだと言います。
一方日本の場合は、カウンセリング受ける人=病人という固定観念があるのだそう。

実は私も、常々感じていたのですが、日本の場合、クライアントの状態を”マイナスからゼロ”にすることが主目的であり、”ゼロ”になったら、もうカウンセリングやセラピーは終わり。
それに対して、欧米でのセラピストやカウンセラーは、そこからさらに”ゼロをプラス”にするためのコーチの役割をしているのです。

当然そのためには、身につけなければならない知識やスキルがあります。
でも、日本のセラピストたちが、”ゼロをプラス”に出来る技を学び、世の中の疲弊した人たちを元気にするだけでなく(もちろん、それは素晴らしいことです!)、個々の目的を達成へと導ける存在になれたら、どんなに良いでしょうか。

セラピストだから出来ること。
それは、多岐に渡って様々ありますが、皆さんの心身の状態を”ゼロからプラス”にすることが、今後取り組むべき課題であり、使命といっても良いかもしれません。

稲村

-
/ /

おすすめ記事

癒しの聖地・沖縄を視察し、沖縄+セラピー+自分の未来を考える「セラピスト@プロフェッショナル会議in沖縄(12月3日~6日/4日間)」参加者募集がスタート!

12月3日(月)~6日(木)の4日間、産官学のプロジェクト「セラピスト@プロフェッショナル会議in沖縄(Vol.1)」が …

「美しくなるフードセラピーvol.7 秋号」が10月15日(月)に発売!特集は「お米」と「ローカルフード」

こんにちは。 東京ではここ数日、涼しい日がつづいています。 日本列島に秋雨前線が停滞しており、すっきり晴れる日がすくない …
no image

「シャドウ&ライトオラクルカード」の威力!

こんにちは! セラピスト編集部の諏訪です(^_^) 今日は少しだけ肌寒いですね。 夜は雨が降るのでしょうか。 話は変わり …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD