セラピストの課題と使命とは?

投稿日:2015年10月23日

今年も早いもので、あと2カ月と少し。
サロンに来るお客さまの中には、1年の疲れを癒すことを目的とした方が増えてくるでしょう。

心と身体が疲れて、やって来る人たち。
そんな方たちをメンテナンスし、エネルギーをチャージするのは、セラピストの重要な役割です。

151023ina.jpg

先日、外国で暮らしている、あるカウンセラーが、こんなことを言っていました。

「日本と欧米では、カウンセリングの役割が少し違うんです……」

欧米では、具合が悪かったり病が原因でカウンセリングやセラピーを受ける人もいるけれど、状態が回復してからも仕事の業績を上げたり、キャリアアップをするために彼らを活用しているのだと言います。
一方日本の場合は、カウンセリング受ける人=病人という固定観念があるのだそう。

実は私も、常々感じていたのですが、日本の場合、クライアントの状態を”マイナスからゼロ”にすることが主目的であり、”ゼロ”になったら、もうカウンセリングやセラピーは終わり。
それに対して、欧米でのセラピストやカウンセラーは、そこからさらに”ゼロをプラス”にするためのコーチの役割をしているのです。

当然そのためには、身につけなければならない知識やスキルがあります。
でも、日本のセラピストたちが、”ゼロをプラス”に出来る技を学び、世の中の疲弊した人たちを元気にするだけでなく(もちろん、それは素晴らしいことです!)、個々の目的を達成へと導ける存在になれたら、どんなに良いでしょうか。

セラピストだから出来ること。
それは、多岐に渡って様々ありますが、皆さんの心身の状態を”ゼロからプラス”にすることが、今後取り組むべき課題であり、使命といっても良いかもしれません。

稲村

-
/ /

おすすめ記事

メイク道具

自分では見慣れてしまって気付かない眉の形を第三者にアドバイスしてもらい、目指せ脱・たれ眉毛!

自分では平行眉のつもりだったのですが、なぜか最近家族や友人から立て続けに「すごく下がり眉だよね」と指摘を受けて大ショック …

四国の「全国和精油MAP」(セラピスト4月号連動記事)

個人、農家、林業会社、メーカーまで、日本各地の和精油ブランドを本誌とともにお届けする「全国和精油MAP」。今回の四国編は …

手技のスペシャリストが教える、かんたんセルフケア セラピスト2015年10月号第1特集連動記事

手技のスペシャリストが教える「かんたんセルフケア」。 その第4弾として、「腰痛」を防ぐゆらしのテクニック、クレイドロジー …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD