「マニュアルを超えた接客法」の取材

投稿日:2012年6月22日 更新日:

『エスグラ流 人気エステサロンの作り方』の「マニュアルを超えた1人ひとりに合わせた接客法」でご協力くださった「Natural Happy」の関口智子さん。
関口さんは、自宅サロンのセラピストで、個人のサロン開業スクールを開いています。
今回は誌面では掲載しきれなかった、お客さまを気持ちよく迎えるための接客のポイントを紹介します。

06.22.01.jpg

お客さまを迎える準備の段階から、セラピストとしての姿勢を持っていることが大事。
シーツを施術ベッドにかぶせる時も音を立てないように気をつけます。

06.22.05.jpg

手書きのメッセージはお客さまの心を響かせます。
小さなおもてなしも妥協しません。

06.22.03.jpg

当たり前のことかもしれませんが、掃除は徹底的に。
意外と見劣りがちなのが、鏡を拭くことなのだそう。

06.22.04.jpg

ホットストーンなど新たにサロンメニューを追加した場合、まずは施術時間内で10分程度体験してもらいましょう。
お客さまに新しいメニューの導入をアピールできるチャンスです。

06.22.02.jpg

「次回の予約はどうなさいますか?」とお声がけしにくい場合、パウダールームにカレンダーと共にメッセージを置いておくと、お客さまから気軽に声をかけてもらえるようになります。

-
/

おすすめ記事

ナチュラスサイコスがプロデュースするアロマショップ「アロマの精」オープン!

静岡県浜松市の「ぬくもりの森」で、オリジナルアロマが手に入る!  一歩、足を踏み入れると、そこはまるで妖精がいる森のよう …

「ないものは、自分で作ってしまえばいい」。こうして彼女は、わずか数年で、人気のセラピストになってゆく――

群馬県富岡市で、14年前にサロンをオープンした安藤由美子さんは、3人の子を持つシングルマザー。現在、手に職をつけて子供た …

セラピスト2月号、「ディープティシューマッサージ」掲載

現在発売中の「セラピスト2月号」で、「ディープティシューマッサージ」の記事を紹介しています。     …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD