「マニュアルを超えた接客法」の取材

投稿日:2012年6月22日

『エスグラ流 人気エステサロンの作り方』の「マニュアルを超えた1人ひとりに合わせた接客法」でご協力くださった「Natural Happy」の関口智子さん。
関口さんは、自宅サロンのセラピストで、個人のサロン開業スクールを開いています。
今回は誌面では掲載しきれなかった、お客さまを気持ちよく迎えるための接客のポイントを紹介します。

06.22.01.jpg

お客さまを迎える準備の段階から、セラピストとしての姿勢を持っていることが大事。
シーツを施術ベッドにかぶせる時も音を立てないように気をつけます。

06.22.05.jpg

手書きのメッセージはお客さまの心を響かせます。
小さなおもてなしも妥協しません。

06.22.03.jpg

当たり前のことかもしれませんが、掃除は徹底的に。
意外と見劣りがちなのが、鏡を拭くことなのだそう。

06.22.04.jpg

ホットストーンなど新たにサロンメニューを追加した場合、まずは施術時間内で10分程度体験してもらいましょう。
お客さまに新しいメニューの導入をアピールできるチャンスです。

06.22.02.jpg

「次回の予約はどうなさいますか?」とお声がけしにくい場合、パウダールームにカレンダーと共にメッセージを置いておくと、お客さまから気軽に声をかけてもらえるようになります。

-
/

おすすめ記事

コロナに負けない身体北川毅鍼灸セラピスト

【特別連載】「お灸と扶正祛邪(ふせいきょじゃ)」でウィルスから身を守る 北川毅(鍼灸師、YOJO SPAオーナー)

お灸の利点は、何と言っても、家庭で手軽に行うことができて費用も安価であるということです。また、日本では、お灸は医療器具で …

まだまだあります! 三大精油を使いこなすレシピ ゼラニウム編(セラピスト10月号連動記事)

セラピスト10月号の第1特集「三大精油“徹底”活用ガイド」では、ラベンダー、オレンジ、ゼラニウムについて、それぞれ5人の …

食べもののチカラ。

こんにちは〜。 セラピスト編集部のHです。 東京は温かい一日です。 ぽかぽかした日が気持ちよくて、幸せ・・・(もう家に帰 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD