手技のスペシャリストが教える、かんたんセルフケア セラピスト2015年10月号第1特集連動記事

投稿日:2015年10月2日 更新日:

dosha_top.jpg

現代人が抱える”不調”は、実に多岐にわたります。『セラピスト』誌10月号では、
そんな不調を改善できる効果的な手技を解説しました。
そしてウェブでは、誰もが簡単に自宅でできるセルフケア法をご紹介。
シリーズ第1弾は、「スマホ首」に対するアプローチです。

構成◎本誌編集部

スマホ首のケアは、後頭部もほぐすのがコツ

腹筋運動で、上体を倒したままを保つのは、すご〜く辛いですよね?実はスマートフォンをする際、5㎏もある重い頭が前傾したままなので、同じような負担が首にかかり、異常な凝り方をします。これが「スマホ首」です。さらに、その不自然な状態で目だけ動かすので、目を動かす筋肉も酷使することに。解剖生理学のスペシャリスト、上原健志先生いわく、”人類史上初の悪い姿勢”なのだとか。放っておくと、頭痛やめまいをはじめ、イライラ、不安、落ち込みなど自律神経失調症にもつながってしまうそうなので、しっかりケアしましょう!

〈スマホ首のセルフケア〉

-目に関わる筋肉のケア-

目を動かすときに使う「後頭下直筋群」に両手の四指を当て、

筋肉を押さえながら頭を上下左右に動かしてみましょう。

手を動かさずに、頭を動かすのがポイント。こうすると、指に力を入れずとも、広範囲をほぐすことができます。

-首を支える筋肉のケア-

首を支えている「頭板状筋」と「頸板状筋」に両手の四指を当て、コリコリと優しくほぐしていきましょう。特に、7番目の頸椎(首の付け根でもっとも出ている骨)から下の頸椎の両脇は、これらの筋肉の接続部なので、指圧すると効果的です。

-

おすすめ記事

no image

セラピスト2月号 体の仕組み&リフレクソロジーフォトギャラリー

「セラピスト2月号」第一特集『マッサージと体の仕組み』骨・関節について教えてくれた 赤坂元気堂 誉田先生 同特集内、リン …
no image

「内なる女神と出合う旅」 人生に大きく影響を与えている女神を知る、内なる女神診断

古代世界、女神は一つの統合された女性性の神秘の象徴でした。しかし、ギリシャ神話以降、その偉大な力は男性神へと引き継がれ、 …
no image

終戦

こんにちは〜。 セラピスト編集部のササキです。 雨の日が続きますが、それと同時に!睡眠不足の日々が続いております。 もち …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD