セラピストバックナンバーフェア&本屋さんの選び方

投稿日:

こんにちは。
セラピスト編集部のはんざわです。

今、『セラピスト』のバックナンバーフェアが、神保町の書泉グランデさんで開催中です。
そこにごあいさつに行ってきました〜

皆さんは本屋さんにどのくらいのペースで行かれていますか?
私はかなり行っています!
amazonで本を注文できるのは便利なのですが、
実際に手に取って、中身をある程度把握してから購入できる「本屋さん」という存在、とても重宝します。
ただ、本屋さんごとに品揃えのラインナップが違うので、
「自分がどんな本と出会いたいか?」によって、行く書店を選べるといいなあ〜と思ったりします。

自分では、本屋さんをこんな風にカラー分けしています。(超極私的です)

・三省堂書店……膨大な品揃え。発刊2〜3年経った、文庫・新書がちゃんと揃っている。すごく読みたい本があるけど、amazonで手に入れるのでさえ待てない時、駆け込むお店。椅子が置いてあるので、長居できるおもてなし感も好き。(いつも人が座っていて、あまり座れないのですが)

・紀伊国屋書店……老舗本屋さん。品揃えはもちろん豊富。よく作家の握手会などのイベントをやっている(2回ほど目撃)。本好きな人を大事にしている、あたたかみのある感じ。

・ブックファースト……一般的な本がまんべんなく揃っているイメージ。ただし、ベストセラーや売れ筋コーナーの陳列が良く、「今、こんな本が売れてるんだ〜」とか「あ、この本面白そう!」という発見がある。ここで知った新しい著者、本もいくつかあり。デザイン系・アート系書籍が多いので、20〜40代をターゲットにしているようにも思われる。

・ヴィレッジヴァンガード……雑貨+本という店のコンセプトどおり、とにかくサブカルな感じ。本を探すより、ポップ(本のPRが書かれた紙)を見るのが面白い。料理本のラインナップを素敵に感じる。

・八重洲ブックセンター……一度しか足を踏み入れたことがないけれど、白を基調とした居心地のよい本屋さん。品揃え良好。行くだけで頭が良くなる感じを味わえる。偉い先生がよく八重洲ブックセンターを推しているので、たぶん凄い本屋さん。

・自宅近くの本屋……22時まで空いている、働く人にうれしい本屋さん。小さな店舗スペースの中で、なぜかマンガ文庫の品揃えが良い。そして萩尾望都、川原泉など、昔の少女マンガ文庫多し。

・・・という感じなのですが、神保町の書泉グランデさんは、また違ったカラーがありました。

私が思った書泉グランデさんのイメージ、それは「自分の趣味を本当に愛している人の本棚」的な本屋さん。

人のお宅にお邪魔した時に、本棚のラインナップを見て、その人の性格などをうかがい知ることがあると思うのですが、書泉グランデさんはまさにそれ。

セラピスト誌に関連して言えば、「アロマ大好き、セラピー大好き、ヒーリング大好き!」という人のお家の本棚が、店にそのままある!という感じ。

お客さんも、専門的な本を求めて来ている方が多いようで、武道コーナーの階では、武道着?を来た、師範のようなおじさまが1万円ぶんくらい本を買ってました。

「自分だけが知りたいマニアックなこと」に関する本が、「無駄なく揃っている」ように感じるので、奥深い知識を得たい方、ぜひぜひ足を運んでほしいです。

そんなわけで、書泉グランデさんで、8月10日(土)まで、セラピスト誌フェアをやっています〜(4階の階段上がってすぐ)
かなり古いバックナンバーも揃っているようです!

はんざわ

-

おすすめ記事

日本産精油で体内リズムを整えるために

「身体の芯からやすらぐ香り」として、日本の森や畑で育つエッセンシャルオイルがアロマセラピストや業界関係者の間で再注目を集 …

ファミリーセラピー特集で思い出した、アートセラピーの効果〜太陽と人間の絵〜

こんにちは~。 セラピスト編集部のHです。 現在、書店では『セラピスト10月号』を発売しています。 私は、「ファミリーセ …

第2回「ソマティック関西フォーラム」が、7月7日(土)の七夕に開催!

 七夕の土曜日。大阪で好評だった昨年に引き続き、「ソマティック関西フォーラム」が開催される。「ココロとカラダのつながり」 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD