40代、50代は若すぎる?? セラピストの仕事は、これからますます求められる!?

投稿日:

新元号である「令和」がスタートして、半月が過ぎました。

この二文字にも、そろそろ馴染んできましたね。

個人的にも、3つの元号をまたいで生きているのですが、30代以上の方のほとんどが昭和生まれなので、決して珍しくはないでしょう。

 

年齢と言えば、日本人の平均年齢は40代後半であり、第二次ベビーブーム世代が、その平均値にあたります。

セラピスト誌の読者層を見ても、30代後半から40代がもっとも多く、セラピストのスクールに入学した生徒も、40代〜50代の層が過半数を占めています(セラピスト6月号アンケートより)。

 

現在発売中の「セラピスト6月号」、その第1特集は「40代、50代でセラピストになる!」です。

40代、50代でセラピストの仕事をする上で知っておきたいことや、実際に活躍しているセラピストの物語を紹介しています。

 

 

セラピストを目指し、活躍している方の中には、この世代が多いのです。 皆さん、とても元気で、活き活きと活動しています。

 

40代、50代というと、一見、年齢層が高いのでは?と感じるかもしれませんが、セラピストの職業は、様々な人生経験が強みになることを考えると、決して高くはありません。

 

以前、セラピー先進国である欧米のセラピストや講師たちが、来日するたびに話していた言葉があります。

 

「日本のセラピストは、何でそんなに若くて女性ばかりなの?」

 

日本で日本人のセラピストが活躍しはじめてから、まだ十数年しか経っていません。

それゆえの発言になるのでしょうが、セラピー先進国のセラピストから見れば、40代、50代のセラピストなんて、まだまだ若い!ということが分かりますね。

 

人生100年時代と言われている今日、セラピストの仕事は、これから益々注目され、需要が高まっていくのではないでしょうか。

 

編集部I

おすすめ記事

「セラピーワールド東京2023」で 改めて感じた講師陣の素晴らしさ

みなさんこんにちは! 10月6日(金)、7日(土)に開催された「セラピーワールド東京2023」。 配属されて初めてのイベ …

食べても美味しいハーブティー

こんにちは。 セラピスト編集部の田中です。 10月なのに夏のような気温が続いていますがみなさん体調など崩しておりませんで …
no image

アロマテラピーインストラクター試験対策問題集 総仕上げ Part3

アロマテラピーインストラクター試験対策問題集 Part3 総仕上げ・その③ 50問/60分 目標正答率80%(40問) …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD