桜の花が舞い散る様子を見て、季節を先取りした体調管理の必要性を感じる

投稿日:

東京で桜が開花してから半月が過ぎ、花びらが舞い散る様子を、あちこちで見かけるようになりました。

 

 

今週は、入学式が行われる小学校も多いのではないかと思いますが、残念ながら東京の学校で、桜をバックに記念撮影をすることは、難しいかもしれませんね。

 

今年成人式を迎えた息子と、14年前に小学校の入学式で、満開の桜をバックに記念写真を撮った記憶があります。

その年は、たまたま桜前線がゆっくり通過したのでしょうか??

 

いや、たしか昨年、梅雨入り・梅雨明けや、台風の発生など、季節の移り変わる時期がどんどん早まっている…などと言う話を、方々でした記憶があります。

 

気候変動の問題については、もう何年も前から議論がされています。

でも体調管理について、季節を先取りするような、早め早めの対策ができているかというと、なかなか難しいものです。

 

そんなとき、セラピストやエステティシャンが、サロンを訪れたお客さまに、セルフケアのアドバイスをしたり、注意を喚起できれば…施術の効果以上に、信頼関係を築くことができるかもしれませんね。

 

編集部I

-

おすすめ記事

愛と癒しのオラクルコーヒー

みなさまこんばんは☆ セラピスト編集部の中田です^^ コーヒー1杯で人生が変わるとしたら、 あなたは信じるでしょうか? …
no image

癒しフェア

明日から2日間、東京ビッグサイトで「癒しフェア」が開催されます。 今年はセラピスト本誌に縁のある方々が、多数登場します。 …

日本ホリスティック医学協会が30周年記念シンポジウムを京都で開催!

テーマは「脳と潜在意識でいのち☆きらめく~自分らしい人生を健やかに生きる~」 現代医学だけにとらわれず、伝統医学や民間療 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD