オーダーメイドとマニュアルの分かれ目

投稿日:

現在発売中の「セラピスト6月号」、その特集は「トップセラピストたちのオーダーメイド施術スタイル」。

日本にセラピーが根づく前から活躍しているトップセラピストたちが、希少価値の高い「自分だけの」施術法を紹介しています。

120607.jpg

どんなメソッドであれ、学びはじめの頃はマニュアルを意識して覚える方が多いでしょう。

しかし経験を積むことで引き出しの数も増えていき、お客さま1人ひとりに合ったオーダーメイドの施術スタイルが出来上がっていきます。

たとえ同じ1つのセラピーを学んだとしても、現場では、それがセラピストの数だけ、さらにクライアントの人数分アプローチ法が増えていく──そうしたことを、トップセラピストの豊富な症例から伝えたくて編集しました。

さらに編集の過程で気づいたことがあります。

それは、雑誌や書籍など、媒体に掲載することの難しさでもあるのですが、あるセラピストのオーダーメイドスタイルを掲載したとしても、それを読んだ方が真似てしまってはオーダーメイドではない、ということ。

雑誌に掲載した例はあくまでも、特定のセラピストとクライアントとの間で行われた、1つのセッションに過ぎません。

それを、そっくりそのまま実践してしまったら、その時点でマニュアルになってしまうのです。

トップセラピストのオーダーメイド施術スタイルを、そのまま実践するのではなく、なぜこのクライアントにこのようなアプローチをしたのか? そして、どうしてそのような結果が導かれたのか、その過程を読み取る必要があるのです。

さらに、自分だったらこの場合どうするのか、ということまで考えて、自分なりのオーダーメイドスタイルを導き出すことが出来れば良いのではないでしょうか。

稲村

-

おすすめ記事

「エステティックグランプリ」開催! 〜受賞をきっかけに、成長してゆく人たち〜

「第7回エステティックグランプリ」のグランプリファイナルが、7月12日に名古屋国際会議場で開催されました。   …
no image

砂塩風呂・汗蒸幕にはまっています

こんにちは!編集部の諏訪です。 あと数日で、クリスマス♪昨年のクリスマスは友人と鞍馬山に登っていました。 今年のクリスマ …
no image

タオルワークの流儀

こんにちは、編集部の岩名です。 先日、6月号の取材で、PRIMAVERA ORGANIC SPA TOKYOさんを訪ねま …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD