心が「花」に表れる。押し花セラピー

投稿日:2017年11月29日 更新日:

11月23日に、押し花セラピーのワークショップが開催されました。
講師は、押し花作家の若林佳子さんと、心理カウンセラーの尾下恵さん。

1_171129ina.jpg

2_171129ina.jpg
写真◎漆戸美保

押し花セラピーは、さまざまな色や種類の押し花を使って、ポストカード、コースターやティッシュケース、印鑑ケースなどの作品を作ります。
そして、その作品を基に心理カウンセラーと対話を重ねながら、気づきや心の整理をしていきます。

この日のワークショップでは、テーマに合わせて押し花アートを作りました。
1つめの作品は、「今ある自分の悩みを表現する」。
そして2つめは、「自分を元気にしてくれる作品をつくる」。

3_171129ina.jpg

それぞれの作品を作った後に、参加者同士がその作品についてシェアリングを行いました。

4_171129ina.jpg

参加者16人の作品は、どれも個性的で同じものがなく、自分自身の心の形が表れています。
自分の「悩み」や「喜び」を言葉にすることは、とても大切なことでしょう。
でもそれだけではなく、ゆっくり時間をかけて押し花を使って表現することによって、自分の心がどのような状態にあるのかを自身に落とし込むことができる――。
この熟成された時間が、心に及ぼす影響は、とても大きいと感じました。

ワークショップの様子は、一冊の本の中でたっぷり紹介します。
また「セラピスト本誌」でも、レポートする予定です。

編集部I

-
/ / /

おすすめ記事

「アロマフェア2017 in 松屋銀座」が開催!

アロマ関連商品が一同に揃い、アロマに関するセミナーも同時開催される  11月2日(木)~11月8日(水)の1週間、東京の …

セラピスト8月号 温活セラピー タイ式マッサージで汗だくだく!

こんにちは〜。 7月7日に発売しました、セラピスト8月号。 第1特集の「温活セラピー」のフォトギャラリーをお送りします! …

10月号がもうすぐ発売(9月7日)。第1特集は三大精油、第2特集は家族がテーマ

家族の問題が起きたとき、誰かを悪者にするのではなく、家族がお互いを尊重し、同じ方向を向いたとき、解決の糸口が見えてくる… …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD