アロマの学びと、資格を活かすには?

投稿日:2017年7月2日

2017年も半年が過ぎ、後半がスタートしました。

7月7日には、「セラピスト8月号」が発売します。

今号の第1&第2特集は、「ドイツ自然療法の聖母・ヒルデガルトと、現代の薬草魔女たち」、
「肩凝りを手技療法で改善!」です。

20170702ina1.jpg

他にも様々な記事がありますが、今号の取材でも、素敵なアロマセラピスト・講師の方との出会いがありました。

1人目は、千葉県流山市に住む、「アロマまどぅゆ〜る」のすぎもとかよさん。

20170702ina2.jpg

2人目は、神奈川県鎌倉市で活躍している「鎌倉RoseCoeur」の宮地一美さん。

20170702ina3.jpg

そして3人目は、東京都墨田区の「gattoファクトリー」の橋本由佳さんです。

20170702ina4.jpg

3人には、「アロマの資格の活かし方」をテーマにお話を伺いましたが、アロマの仕事を長く続けるための共通点がありました。

その1つは、アロマに自らが勇気づけられ、アロマの良さを一般に広く普及するための活動をしていること。
アイディアが満載で、ご自身の得意分野とアロマを融合させて仕事にしていること。
そして、行動力が大変あるところ、ですね。

その他にも多々、共通点があり、アロマと関わり、その活動を続けてゆくためのヒントを沢山お聞きできました。
ぜひ、本誌の記事も、ご覧下さい!

稲村

おすすめ記事

no image

ゴッドハンド!の、田中玲子さんが……

こんにちは。 セラピスト編集部のササキです〜。 11月も中旬ですが、すっかり冬ですね。厚手のコートを着たい気持ちになるも …
セラピスト仁丹1

お香の原点? お気に入りの「匂い袋」は「仁丹」の香り

こんにちは。 編集部のバラールです。 最近、「お香」を楽しむようになり、少しづつ香りの相違である「五味(辛・甘・酸・苦・ …

セラピストのチカラ・想いが地域を元気に! セラピストの活躍の場も大きく広がる!

沖縄県では早くも梅雨明けしたそうですが、弊社のある東京都でも、梅雨の中休みのような、夏を思わせる気温の日が続いています。 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD