丁寧な文章に触れて思う、セラピストのおもてなし

投稿日:2017年4月3日 更新日:

セラピストやエステティシャンとして活動する人たち。
あるいは、プロを目指し学びの過程にある方たち。

時に読者として、またある時は取材や寄稿をお願いする立場として、たくさんの方々と関わってきました。

そして、原稿やメール、あるいは手紙というかたちで、文章のやり取りも数多くしてきましたが、心のこもった丁寧な文章に触れると、その方の「接客」や「おもてなし」の質の高さを想像してしまいます。

170403ina.jpg

もちろん、物書きのプロではありませんので、少し読みづらかったりすることもあります。
でも、誤字や脱字を極力減らそうと何度も読み返し、修正したと思われる文章を読むと、きっとあらゆるところに気配り心配りができるセラピストさんなのだろうと思ってしまいます。

手紙やメールを読む側の立場になれる人とは、おそらくお客さまの立場になって様々なことを考え、行動に移している人なのではないでしょうか。

私自身も、心を込めて丁寧に、一字一句綴らなければ!と、改めて思った次第です。

稲村

-
/

おすすめ記事

no image

セラピスト本誌創刊15周年記念セミナーその4。野見山文宏さんの「感じてわかる!解剖学ミニ講座 身体のみかた・使い方」

7月24日(日)に開催する、セラピスト本誌創刊15周年記念「特別セミナー」。 「5年後、10年後に、セラピストとして活躍 …

11月4日(日)、カラダがふわっとほどける&あったまる!「ハーブボールフェスティバル2018」開催!

 ハーブの香りと蒸気の温熱で、がちがちになった身体がほわっとほどけていく…。    ハーブを包んだ布を蒸して温 …

夜久ルミ子さんの著書が「TBS 櫻井・有吉 THE夜会」で紹介されました!

薬剤師や臨床検査技師など複数の国家資格をもつ夜久ルミ子さんの著書『深部 (ディープ)リンパ療法コンプリートブック』(小社 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD