新たな時代の始まりに感じたこと。セラピスト・デビューにあたって、身につけておくべきこと

投稿日:

新年度を迎え、街には今年も初々しいスーツ姿の人たちが溢れています。

 

 

この時期、セラピストやエステティシャンとしてデビューする人も、きっと多いのではないしょうか?

 

かつては、養成スクールでじっくり学び、インターン実習を経て現場に出るケースが主流でしたが、近年、そうした過程を踏まずに、人の心や身体に触れてしまう場合も多いようです。

 

そこで気になるのは、新たにセラピストとして活動するにあたって、自分自身のことを、しっかり癒せているのかどうか?ということ。

セラピーを行う場は、クライアントと1対1であることが多く、閉ざされた空間で、長い時を共にします。

さらに直接肌に触れ、ときに心にも触れていきます。

 

こうした環境がクライアントの心を開き、結果、様々な悩みを打ち明けられることもあるでしょう。

そんなとき、セラピストが上手な関わり方をできずに、クライアントの悩みや傷を、セラピスト自身の痛みとして捉えてしまい、良いセラピーが出来なくなってしまった、という話をよく聞きます。

 

心理カウンセラーの学校では、このようなことが起きないためにも、プロになる過程でしっかり自分をセラピーする時間を設けているようです。

 

しかし、セラピストといえども、誰もが完璧ではありません。 日々の生活の中で、新たな悩みや問題が起こり得ます。

だからこそ、いつでも自分自身の問題と向き合い、ケアをする術を身につけておくことは、人の心と身体に向き合う仕事をする上で、必須のことと言えるでしょう。

 

新しい年度の始まりに、初々しいスーツ姿と、新元号「令和」の言葉を目にした昨日と今日、改めて思ったことを綴りました。

 

編集部I

-

おすすめ記事

丁寧な文章に触れて思う、セラピストのおもてなし

セラピストやエステティシャンとして活動する人たち。 あるいは、プロを目指し学びの過程にある方たち。 時に読者として、また …

「おにぎりは30分かけて食べなさい」著者による「脳のパフォーマンスを上げる 集中脳セミナー」開催

2019年3月27日(水)東京・八重洲ブックセンター本店で、 ビジネス瞑想家の本田ゆみさんを招き、著書「おにぎりは30 …
no image

フレッシュハーブを使って

こんにちは。 東京では、ここ数日は、少し寒さがゆるみ、 過ごしやすい日が続いています。 北陸や北日本では、 大雪や、寒さ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD