新たな時代の始まりに感じたこと。セラピスト・デビューにあたって、身につけておくべきこと

投稿日:

新年度を迎え、街には今年も初々しいスーツ姿の人たちが溢れています。

 

 

この時期、セラピストやエステティシャンとしてデビューする人も、きっと多いのではないしょうか?

 

かつては、養成スクールでじっくり学び、インターン実習を経て現場に出るケースが主流でしたが、近年、そうした過程を踏まずに、人の心や身体に触れてしまう場合も多いようです。

 

そこで気になるのは、新たにセラピストとして活動するにあたって、自分自身のことを、しっかり癒せているのかどうか?ということ。

セラピーを行う場は、クライアントと1対1であることが多く、閉ざされた空間で、長い時を共にします。

さらに直接肌に触れ、ときに心にも触れていきます。

 

こうした環境がクライアントの心を開き、結果、様々な悩みを打ち明けられることもあるでしょう。

そんなとき、セラピストが上手な関わり方をできずに、クライアントの悩みや傷を、セラピスト自身の痛みとして捉えてしまい、良いセラピーが出来なくなってしまった、という話をよく聞きます。

 

心理カウンセラーの学校では、このようなことが起きないためにも、プロになる過程でしっかり自分をセラピーする時間を設けているようです。

 

しかし、セラピストといえども、誰もが完璧ではありません。 日々の生活の中で、新たな悩みや問題が起こり得ます。

だからこそ、いつでも自分自身の問題と向き合い、ケアをする術を身につけておくことは、人の心と身体に向き合う仕事をする上で、必須のことと言えるでしょう。

 

新しい年度の始まりに、初々しいスーツ姿と、新元号「令和」の言葉を目にした昨日と今日、改めて思ったことを綴りました。

 

編集部I

-

おすすめ記事

セラピスト2月号特集「リフレクソロジー最前線」より

現在発売中の「セラピスト2月号」。 第2特集では、「リフレクソロジー最前線」を紹介しています。 「サロンでのリラクゼーシ …
no image

エステティック・ビューティー 韓国美容!

発売中の『エステティック・ビューティー』より、 おすすめのサロンさまを紹介します。 まずは、青山にある「uraku青山」 …
no image

続・美(?)と健康(!)のためのダイエット作戦①

毎年この時期になると健康診断を行い、血液検査や胸部・腹部のX線検査など、さまざまな検査により自身の身体をチェックします。 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD