このハーブ、何だか分かりますか(ヒント:今日は何の日?)

投稿日:

こんにちは、編集部Tです。
大声で言うのはちょっと憚られますが、皆さま今日4月23日は「ビールの日」ですよ♪

というわけで、写真のハーブはビール作りに欠かせない「ホップ」でした!!! あの独特の苦味と香りを担っているのがこのホップですね。ビールの風味は酵母、麦、ホップの3つからなると言われますが、個人的には決め手はホップだと思っています(これは本当に100%個人の好みによります)!

私がホップに魅了されたのは、「IPA(インディア・ペール・エール)」(※ビールの種類です)の存在を教わってからでした。「喉ごしを楽しむだけでは勿体無い。苦味がNGでないなら意外とハマると思う」とお勧めされ試してみると、もう全然違います。清涼な香りとパンチのある苦味。こんなに香り高いものだったんだ、こんなに清々しく植物を感じる飲物だったんだ、と感激してしまいました。(実はこの方はマッサージ師の方で、とある施術の後でビール談義に花が咲いてしまいまして。笑)

さて熱く語ってしまいましたが、そんなビールの申し子のようなホップも、れっきとしたハーブなのです。セージやタイムのように、風味だけでなくそこに含まれる殺菌作用から用いられ、天然の防腐剤としての役割を果たしていたとされます。上述の「インディア・ペール・エール」も、18世紀にイギリスからインドへとビールを輸送する際、長い船旅でビールが傷まないようホップを大量に使用したことに由来しています。道理でガツンと苦味が効いているわけです!
もともと紀元前からビールの原型はあったようですが、ホップ使用以前には別のハーブや植物によって香りや苦味を足していたのだとか。薬草酒や薬用酒で知られるように、古来からハーブとお酒は相性がいいんですよね。まさに「酒は百薬の長」といったところでしょうか。

発売中の『セラピスト4月号』では、現在アメリカ・カリフォルニア州に在住のバーグ文子さんが、植物との暮らしを綴った寄稿「オルタナティブ・ライフスタイル」を掲載していますが、そのなかに、カリフォルニアでの自家製アルコール製造についてのコラムがあります。リンゴを使ったシードルやビールについてのちょっと面白いエピソード、今夜はグラスを傾けながら読んでみてはいかがでしょうか。
( ・∀・)っ

編集部T

-

おすすめ記事

no image

セラピスト8月号、小さなサロンのつくり方

セラピスト8月号第2特集は、お客さまに人気の無理のない経営スタイル、「小さなサロンのつくり方」。 セラピストさんたちのコ …

全国のクライアントやお客様が待っていた! アロマ・フェイシャル・かっさ……サロン営業再開情報!

現在、セラピスト編集部は8月号(7月7日発売)の編集中です。新型コロナウイルスの影響は依然ありますが、セラピストたちは少 …

日本ホリスティック医学協会が30周年記念シンポジウムを京都で開催!

テーマは「脳と潜在意識でいのち☆きらめく~自分らしい人生を健やかに生きる~」 現代医学だけにとらわれず、伝統医学や民間療 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD