これからのセラピストは、オイルマッサージで、ここまでできる!

投稿日:

緊急事態宣言解除の期限が迫る中、9都道府県が解除、東京や大阪などの7都道府県が、まん延防止等重点措置に移行することになりました。
昨年からのコロナ禍の影響を受けて、大きく変わったもの、変わらなければいけないことは多々ありますが、「セラピストの施術」もまた、形を変える必要性が出てきました。
「今までリラクゼーションの分野のオイルマッサージは、エステティックやアロママッサージが主体でした。柔らかいソフトタッチの安心感を中心にクライアントの癒されたという感覚を頼りにして、セラピストは仕事をしてきました。しかし、セラピストたちもどんどん成長して、型が決められた施術や、少しだけ内容を変えるオーダーメイド施術では満足できなくなっています。その反面、リラクゼーションの範囲での仕事だから、どこまで専門的にしていいのか、と迷っている方もいるでしょう。オイルマッサージにおいて最高の知識と技術を使いこなすマッサージセラピーは、その未来図を見せてくれます」
こう語るのは、マッサージセラピストの國分利江子さんです。
セラピスト誌で連載中の「筋解剖学レッスン」では、その「変化」の必要性や、「セラピストの未来図」について、詳しく展開しています。
「セラピスト6月号」では、未来図の幾つかの例として、クリニカル・メディカル分野、心理系、スポーツ選手を対象としたケースなどについて紹介。「オイルマッサージで、ここまでできる」ことを記しています。

ぜひ、ご覧ください。

編集部I

-
/ /

おすすめ記事

【セラピスト10月号】第1特集 3大精油使いこなし大百科(仮)の取材が始まりました

次号・セラピスト10月号(9月7日発売)の第1特集は、「3大精油を使いこなす」がテーマ。   まず、「三大精油とは?」 …

「日本産精油」をサロンで活用するには

セラピスト誌で連載している『人と自然をつなぐ、日本産精油』。日本産精油ブランド「yuica(ゆいか)」の生みの親である稲 …

少し気が早いですが、『セラピスト』12月号特集の「ホームセラピスト」座談会を取材してきました!

こんにちは、編集部Tです。 本日私は『セラピスト』12月号(雑誌は季節を先取りといいますが、気分はもう年の瀬です!)の取 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD