エステとは異なるアプローチで脂肪を溶かす、セラピストの技とは?

投稿日:2021年3月24日

今春、「セラピスト本誌」が創刊20周年を迎えます。これも多くの関係者の皆様、そして読者の皆様のおかげと、ひとえに感謝申し上げます。
20年前、整体師やエステティシャンなど、身体に触れることでコリをほぐしたり、美を提供するお仕事は、多くの方が知っていましたが、セラピストという職業は、日本ではほとんど認知されていませんでした。
本誌創刊から3〜4年が経った頃でさえ、「セラピストって何をするの?」「エステティシャンと、どう違うの?」と聞かれることが多々ありました。それが今では、双方のスキルを習得し、美と癒しのメニューを提供する人も増えています。
それでもやはり、セラピストとエステティシャンとでは、異なる点があります。
現在発売中の「セラピスト4月号」では、マッサージセラピストの國分利江子さんによる連載企画、「筋解剖学レッスン」第5回目の記事を掲載しています。
今号のテーマは「脂肪」です。
「脂肪といえば、エステティックの領域! 小顔フェイシャルや痩身トリートメントで脂肪を絞り出して……と思いがちですよね。でも、ボディの施術のプロである、マッサージセラピストの取り組みは、エステティシャンとは異なります!」
こう語る國分さんは、筋骨格系へのアプローチを行っているのです。

「セラピスト4月号」では、脂肪が増加することで肩こり、首こり、腰痛、膝痛へと発展するメカニズムを解説しつつ、脂肪を溶かすオイルトリートメントの手技を紹介しています。

「スキンローリング」というこのスキル、必見ですよ!

編集部I

おすすめ記事

no image

セラピスト12月号取材裏話!(ごく一部)

こんにちは。セラピスト編集部のはんざわです。 ただいま、セラピスト12月号、絶賛発売中です!いつも取材等々にご協力くださ …
no image

新創刊!「エステティック・ビューティー」

エステティシャンと美容家のための専門誌 「エステティック・ビューティー」が、4月に新創刊になりました。 Vol.1のテー …

「薬膳フードセラピー」で、ストレスをコントロールしよう!

コロナ禍のこの2年間は、メンタルケアの重要性が特に増しています。自分が思っている以上に、ストレスを溜め込んでしまっている …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD