ご存知ですか? 中医学の叡智を感じる“刮痧”のすごい力

投稿日:

こんにちは編集部Tです。
セラピストの皆さんの中には、刮痧療法(かっさりょうほう)をご存知の方は多いのではないかと思います。発祥の地・中国では「グアシャ」と発音される自然療法のひとつで、刮痧板と呼ばれるヘラや棒で身体の表面の一部を擦ることでさまざまな症状を改善する施術です。

本誌でもおなじみの中医師で刮痧国際協会会長の雲瑶さんは、中学時代に初めて刮痧板に出合ったのだとか。


『健康セミナーに参加し帰宅した母親と友人が、家に入るなり黒いヘラを取り出し、お互いの身体をこすり始めたのです。すると、みるみる身体中に赤い斑点が出始め、母と友人は「すごい、痧が出た!」と大喜び。後であれは何だったのか母親に聞くと、「あれは刮痧療法で、黒いヘラは刮痧板だよ。痛いところを擦ると、痛みが取れるのよ」と教えてくれました』(雲瑶さん)

このとき出てきた「痧(しゃ)」とは、体内に滞った血流や毒素が、赤い(部位や症状によっては黒味ががった)痕として現れるもののこと。刮痧療法で溜まった毒素を排出し、しっかり血の流れをよくしてあげることで、不調を改善できるといいます。

好評発売中の『セラピスト2月号』掲載の「セラピストのための中医学」連載では、この刮痧療法の実際について雲瑶さんが解説してくれました!
刮痧の歴史から「痧」の出方の例、さまざまな刮痧板の持つ特徴や意味についても触れていますので、「ずっと気になっていた」「実際どういうものなの?」という方は必見ですよ〜。

おすすめ記事

この夏行きたい、“植物を見て触れて体感できるスポット”

本日で8月もお終いですね、編集部Tです。 思い返せば今年の夏もどこにも行けませんでした(; ’~’ゞ。見に行きたいなとま …
no image

あなたの師匠は、何を大切にしていますか?

これまで度々本誌に登場している、ホスピタリティセラピスト養成スクールの関口智子さん。 一般社団法人日本ホスピタリティ自宅 …

▼・ᴥ・▼ペットのための手当て療法とは? 獣医師が解説!

こんにちは。最近YouTubeでペット動画にハマッています、編集部Tです。 従順であったり、つれない素振りだったり……そ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD