連休に自然を感じてきました。…発見!アロマ&ハーブEXPO『第2回 クラフトコンテスト』作品募集開始!

投稿日:

 こんにちは、編集部のSです。

 連休に、とある秘湯へ小旅行へ行ってきました。

日本秘湯を守る会

(日本秘湯を守る会)

 帰り道の途中、少し遠回りをして立ち寄った先で、沢へと降り注ぐようなきれいなチンダル現象(※)が見られて思わずスマフォで写真を撮ってしまいました。

沢にチンダル現象

(沢に降り注ぐようなチンダル現象)

(※ 「チンダル現象」とは、簡単には 空気中や水中などで光が散乱することで光の通路が筋状に見える現象のこと。)

 「首都圏」といっても、少し足をのばせば 秘湯があったりこんな景色が見られたりするんですね。

 アスファルトやコンクリートで固められていない地面を踏み、沢の冷たい水で手を洗い、周りの植物が放出した新鮮な酸素を吸い、鳥や虫の鳴き声と風の音を聞き、束の間ながら自然に包まれる感覚を味わうことができました。

 東京に住んで生活していると、日常の中でここまでの自然を感じることは難しいですが、そんな生活にうるおいを与える手軽な方法があります。

 現在発売中の「セラピスト10月号」では、そんな方法の1つ「植物を使ったクラフト」作りを、「発見!アロマ&ハーブEXPO『クラフトコンテスト』開催! 植物に触れ、知識深まる クラフト作り」と題した企画で紹介しています。

 また、発見!アロマ&ハーブEXPOの『第2回 クラフトコンテスト』の開催が決定し、作品の募集を開始しています。奮ってご応募ください!

-

おすすめ記事

女性に寄り添い、生涯トータルケアを!

今日から2月。 東京は、寒さが一段と厳しくなってきました。 防寒対策をしっかりしないと、なかなか外に出られませんね。 昨 …

ターミナルケアの現場でも使われる「介護アロマ」 浅井隆彦さんのむくみケア10STEP解説!(セラピスト2月号連動企画)

「セラピスト2月号」では、セラピストだからこそできる “究極のホームセラピー「看取り」” について、介護・看取りの現場で …
no image

セラピスト6月号、雲瑶先生の「刮痧」

セラピスト6月号で紹介している刮痧(グアシャ、かっさ)。 解説しているのは、中医鍼灸師、中医診断師、中国国際推拿按摩師で …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD