誰でもできる「認知症」チェック。セラピストの役割は、どんどん広がっています!

投稿日:2019年9月16日 更新日:

雑誌「セラピスト」が創刊してから18年。

セラピストたちが必要とされる場は、年々増えていると実感しています。

「医療職に関わる人はもちろんですが、セラピストの皆さんに、このチェック法を使っていただきたいですね」

こう語るのは、くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長。

日本認知症学会認定医であり、日本アロマセラピー学会理事長でもあります。

「セラピスト10月号」の第1特集は、「セラピストのための認知症ケアの教科書」ですが、工藤先生はこの特集内で、「認知症の基礎知識とセラピストの役割とは?」をテーマに4頁にわたって語っています。

ここでは、工藤先生が考案し、現在東京都大田区医師会所属の50施設以上で使われている「TOP-Q(トップQ)」という名の、認知症であるかどうかが分かるチェック方法についても詳しく説明しています。

その大きな特徴は、短時間で認知症のチェックということを悟られずにできること。

医療関係者でなくても、誰でも簡単にできるため、セラピストがサロンで使うことが出来ます。

認知症ケアには、症状を発症する前に行う「第1次予防」という考え方があり、これはすなわち、セラピストがサロンや教室で日頃、行えるものなのです。

——医療職に関わる人だけでなく、セラピストの皆さんに使ってほしい——

こう語る工藤先生の言葉からも分かるように、セラピストが活躍できる場は、益々広がりゆくでしょう。

編集部I

-
/

おすすめ記事

新たな時代の始まりに感じたこと。セラピスト・デビューにあたって、身につけておくべきこと

新年度を迎え、街には今年も初々しいスーツ姿の人たちが溢れています。     この時期、セラピストやエ …
no image

あなたの師匠は、何を大切にしていますか?

これまで度々本誌に登場している、ホスピタリティセラピスト養成スクールの関口智子さん。 一般社団法人日本ホスピタリティ自宅 …

四国の「全国和精油MAP」(セラピスト4月号連動記事)

個人、農家、林業会社、メーカーまで、日本各地の和精油ブランドを本誌とともにお届けする「全国和精油MAP」。今回の四国編は …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD