人生100年時代。40、50代、そしてその先を考える ーいかなる知識もその人の経験を超えないー

投稿日:

  こんにちは。編集部のMBです。

セラピスト6月号、ご覧になっていただけましたでしょうか。

6月号では特集1を担当いたしました。

テーマは、「40代、50代でセラピストになる」。

  この世代からセラピストになり活躍されてる皆さんを取材させていただき、セラピストという職業においてはもちろんのこと、すべてにおいて「経験こそ財産」だと痛感しました。喜びも悲しみも、達成までの努力も、そして自身が経験したからこそわかる体調の変化や辛さも、包容力・人間力として大きな魅力になっているのです。素晴らしいです。

 ある哲学者の名言に「いかなる人の知識も、その人の経験を超えるものではない」というのがありますが、本当にそのとおりだと思いました。

セラピスト6月号ブログ01

 「セカンドマザーセラピストとして生きていく」

 「年齢を理由に諦める事はしない」

 「諦めなくてよかった」

 「始めてみましょう!」

 取材をとおして、私自身、今後の“私の人生”を考えるきっかけとなる言葉をもらったような気がします。人生100年代。“「今」が一番若い”と思って、やりたいことはやって行こうとゆるく決心した次第です。

 何かを始めるのに二の足を踏んでいる方。

「セラピスト6月号」を参考にしていただけたら幸いです!

セラピスト6月号

セラピスト6月号

-
/ / / /

おすすめ記事

「日本ホメオパシー医学協会」が設立20周年記念コングレスを開催!

由井寅子氏から松尾敬子氏へと会長交代へ。日本のホメオパシーの新たな時代が始まる  生物や物質それぞれが持つ固有のエネルギ …

ファミリーセラピー特集で思い出した、アートセラピーの効果〜太陽と人間の絵〜

こんにちは~。 セラピスト編集部のHです。 現在、書店では『セラピスト10月号』を発売しています。 私は、「ファミリーセ …
no image

ウェーブストレッチ様々。

こんにちは。セラピスト編集部のはんざわです。もう最近ほんとうに極寒ですね。暖かければ、歩いて会社から帰るときもあるのです …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD