「アロマ」と「お香」は何が違う? ―日本文化「香の世界」をもっと知りたいー

投稿日:2020年2月20日

こんにちは。編集部のMBです。

最近、「香」の文化に関心が強くなり、“もっと知りたい”と思うようになりました。そこで手に取ったのが、日本の文化である「香」を、“香の伝導師”と呼ばれる稲坂良弘氏が綴った『香と日本人』(角川文庫)。その中で稲坂氏は以下のように述べています。

「香りは目で見ることができません。香りを意識しなくても、人は生きていけます。ですから香は生活必需品ではありませんが、香は人の心と暮らしを豊かにする生活必欲品と言えるものです。

人生をモノによって支配されるのではなく、香という自らの感覚が欲するものによって、人生を豊かにすること。それこそが文化であると私は考えます。」(『香と日本人』「はじめに」より抜粋)

『香と日本人』(角川文庫)著者 稲坂良弘氏

『香と日本人』(角川文庫)著者 稲坂良弘氏

香は、その香りを「嗅ぐ」ではなく「聞く」と言います。香りを通して心で何かを感じること。日本が誇る「香文化」の奥深さはここにあるのだと気づきました。

「もっと知りたい!」

そんな思いを仕事に向けた結果(職権乱用!?)、セラピスト4月号では稲坂氏に直接「香の世界」をご教授いただくことができました。香とは何か。香文化とは何か。西洋のアロマとは何が違うのか。そして、今、世界から注目されるお香の魅力とは? 歴史をひも解きながら、日本文化の中で連綿と受け継がれる「香」の魅力、そして未来を探っています。

ぜひ、ご覧下さい!

 

「セラピスト4月号」は3月7日発売です(ただいま鋭意作成中)!

お楽しみに!

おすすめ記事

今作りたい! 季節のクラフト8選 Recipe.5 ドライハーブと精油のお香

材料 ドライハーブ(ラベンダー) 大さじ2杯程度 お好きな精油 タブ粉 大さじ2杯程度 水 道具 ミルサー すり鉢と棒 …
名鑑

【セラピスト名鑑】これまでセラピスト誌に登場した講師やセラピストを紹介しています。

セラピスト名鑑では、心身を癒し、美しくするために施術を行う人、またはセラピストを養成するための講師として活動しているセラ …

嗅覚を退化させないためにも「アロマテラピー」を!

東京は桜が開花し、今週末には見頃を迎えますが、2週間前に「セラピスト4月号」を発売した編集部員は、既に6月号の編集に取り …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD