「アロマ」と「お香」は何が違う? ―日本文化「香の世界」をもっと知りたいー

投稿日:2020年2月20日

こんにちは。編集部のバラールです。

最近、「香」の文化に関心が強くなり、“もっと知りたい”と思うようになりました。そこで手に取ったのが、日本の文化である「香」を、“香の伝導師”と呼ばれる稲坂良弘氏が綴った『香と日本人』(角川文庫)。その中で稲坂氏は以下のように述べています。

「香りは目で見ることができません。香りを意識しなくても、人は生きていけます。ですから香は生活必需品ではありませんが、香は人の心と暮らしを豊かにする生活必欲品と言えるものです。

人生をモノによって支配されるのではなく、香という自らの感覚が欲するものによって、人生を豊かにすること。それこそが文化であると私は考えます。」(『香と日本人』「はじめに」より抜粋)

『香と日本人』(角川文庫)著者 稲坂良弘氏

『香と日本人』(角川文庫)著者 稲坂良弘氏

香は、その香りを「嗅ぐ」ではなく「聞く」と言います。香りを通して心で何かを感じること。日本が誇る「香文化」の奥深さはここにあるのだと気づきました。

「もっと知りたい!」

そんな思いを仕事に向けた結果(職権乱用!?)、セラピスト4月号では稲坂氏に直接「香の世界」をご教授いただくことができました。香とは何か。香文化とは何か。西洋のアロマとは何が違うのか。そして、今、世界から注目されるお香の魅力とは? 歴史をひも解きながら、日本文化の中で連綿と受け継がれる「香」の魅力、そして未来を探っています。

ぜひ、ご覧下さい!

 

「セラピスト4月号」は3月7日発売です(ただいま鋭意作成中)!

お楽しみに!

-
/

おすすめ記事

フェイシャル、アロマ、リンパ、整体、鍼灸、リフレ等を体験! 「ボディケア フェスタ」が3月6日(月)に表参道で開催

セラピストスクールも開講しているヨンカ。丁寧な指導により、質の高い施術を提供している。 入場料無料! レスパス ヨンカ …
Mont Blanc STYLE

毎“秋”恒例のプチ・イベント。「大好きなモンブラン」へとつづく、長い旅の途中…

栗といえば、「セラピスト10月号」では、連載企画「ヒルデガルトの治療学とドイツの自然療法 〜ヒルデガルトが万能薬という“ …

いよいよ今週末!オーガニックライフスタイルEXPO

昨年は193団体が出展し、およそ2万人が来場した。 さまざまなかたちでオーガニックなライフスタイルを提案 7月28(金) …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD