自分の身体をもっと自在に使いたい時、鍛えるべき部位とは?

投稿日:2021年8月16日

こんにちは、編集部Tです。
ゆうべ仕事を終えて帰宅したところ、家の外階段前でブブブブ…という不穏な音が。。恐る恐る振り返ると、巨大なカナブンが乱舞しておりました。昆虫苦手派としては一気に血の気が引き、飛来から身をかわしたつもりが足首をグネッと捻り転倒しました。誰にも見られず済んだのが不幸中の幸いといえど、なんとも鈍臭い(軽い捻挫のようなので冷湿布を貼ることに、トホホ…)。
「軽やかに動きたい♪」とまでは言わないですが、もう少し自分の身体をスムーズに動かせたり、いい動きができたらいいのにと思います。

そんな私がいま気になっているのが、伊藤式胴体トレーニング「胴体力」

7月に小社より書籍『天才・伊藤昇の「胴体力」(新装改訂版)』も発売された、目からウロコな動きの指南書です。「胴体力」と聞いてすぐにピンとくる方は少ないかもしれません。平たく言うと、胴体を訓練することで身につく身体機能向上メソッドです。
自身の身体を扱う事に長けた武道家が編み出した訓練法で、身体機能につながる3つの動き〈伸ばす・縮める〉〈丸める・反る〉〈捻る〉によって、飛躍的に身体の可能性が広がるのだとか。

発売中の「セラピスト」8月号でも特別企画でこのメソッドを取り上げていて、6STEPでできる<丸める>の訓練法を紹介しています。私と同じく「なんか身体の動きが悪いかも…」と思っているそこのあなた、ぜひ実践してみてください! 捻挫が落ち着いたら私もトライしたいと思います〜(><)やれやれ

編集部T

おすすめ記事

日曜日の昼下がり、1杯のドリップコーヒーを求めて。

 こんにちは、編集部のSです。  突然ですが、 この花、 何の花かご存知ですか?    ・・・答えは、コーヒー …
no image

「日本生まれの精油とハーブ」「美容メニュー」12月号発売間近!

こんにちは! セラピスト編集部マツウラです 11月3日は「アロマの日」。 プランタン銀座で行われたイベントでは、「セラピ …

ヒーラー中島由美子が感じたバリ島のスピリチュアルイベントと、ウブドで会った人たち

長年にわたり東南アジアと日本を行き来し、各国のセラピーを体験している株式会社シャンティ アジア プロモーション代表の中島 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD