インスタグラマーに聞く、「セラピストのためのSNS活用法」。1つひとつの積み重ねが、サロンの集客につながる!

投稿日:2020年2月8日

「Instagramの投稿に対して、『いいね』をしたり、コメントをしたり、人が喜ぶことをしましょうと、生徒さんによく言っています。私も『素敵ですね』とか『美味しそうですね』とまめに入れて、つながりを大切にしています」

こう語るのは、インスタ1万人倶楽部の主宰者で、インスタ講師としても活躍している峰川あゆみさん。

「セラピスト4月号」の取材と、「発見! アロマ&ハーブEXPO 2020」セミナーの打ち合せを兼ねて話を伺うと、腑に落ちる言葉がたくさん。EXPOセミナーのテーマは、「セラピストのためのSNS活用法」。峰川さんは、先の言葉に続けて、次のように言います。

「毎朝、公園を散歩する習慣があるとしたら、会った人に『おはようございます』と挨拶しませんか? 10回挨拶したら、『毎日、同じ時間に会いますね』と会話のきっかけになります。そんな会話が2~3回続いたら、『この時間に散歩しているということは、お勤めではないんですね』という話になり、『セラピストです。近くなので、もしよかったら来てくださいね』という自然な会話の流れが生まれることもあるかもしれません。それを、Instagramでもやりましょう!」

Instagram、YouTubeからFacebook、Twitter、Line@まで、SNSには様々な種類がありますが、セラピストに合ったそれぞれの的確な使い方があります。EXPOセミナーでは、そのノウハウをビジュアル構成、写真の撮り方、タグの使い方、世界観の作り方、NG投稿例など、多岐に渡り解説いただきます。また、単にフォロワーを増やすだけでなく、仕事に結びつける方法も。サロンの集客はもちろん、お客さまへの施術だけでなく、広く仕事の幅を広げる方法も紹介いただきます!

お申し込みはコチラから!

編集部I

-
/ / /

おすすめ記事

【10月号特集連動記事】鳥取大学医学部教授 浦上克哉氏が語った「認知症予防とアロマセラピー」。セラピストが活かすには。

現在発売中の雑誌「セラピスト10月号」では、第1特集に「セラピストのための『認知症ケアの教科書』」を掲載しています。認知 …
no image

続・美(?)と健康(!)のためのダイエット作戦①

毎年この時期になると健康診断を行い、血液検査や胸部・腹部のX線検査など、さまざまな検査により自身の身体をチェックします。 …

「寒の戻り」とともに「末端冷え症」も戻ってきた。…あって良かった、貼るカイロ

 こんばんは、編集部のSです。  今日は、春なのに寒い1日でした。東京はお昼を過ぎでも気温が5℃程度にしかならず、こうい …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD