プロのセラピストに必要なこととは?

投稿日:2018年2月23日

3月7日に発売する「セラピスト4月号」。

 

第2特集は、「セラピストのためのSNSブランディング」です。

 

取材の過程で、セラピスト1人ひとりに「ブランディング」について尋ねると、その人のセラピーに向き合う姿勢であったり、セラピストとは何か?という本質が浮き彫りになります。

 

「人生を変える! 奇跡のアロマ教室」の著書である小林ケイさんは、プロのセラピストにとって必要なことを、自身のスクールで生徒さんに伝えています。

 

180223ina.jpg

 

「今、日本で活動しているセラピストさんは女性が多く、年齢層の幅も狭いんです。
そして、自分と年齢が近い女性にしかセラピーをしたことがなく、妊婦さんや高齢者の方へのセラピーは自信がないという人が多いんです。
でも、本来セラピストとは、たとえ高齢者でも妊婦さんでも、赤ちゃんであっても、すべての人にセラピーをできる。
それが、プロのセラピストだと考えています」

 

もちろんそのためには、深い知識と学び、経験が必要であることは言うまでもありませんが、確かにセラピー先進国である欧米のセラピストたちの中には、60代70代の男性セラピストが沢山いて、様々なクライアントにセラピーを施しています。

 

それが、長い年月を積み重ねて構築されたセラピー文化と言えるのかもしれません。
そして、日本のセラピストたちが目指すべきところだと感じています。

 

編集部I

-
/

おすすめ記事

暑い

冬には「温かいおしぼり」、夏には「凍ったおしぼり」が嬉しい!?

暑い日に渡された「凍ったおしぼり」、嬉しいサプライズでした。「クールなおしぼり」といえば、発売中の「セラピスト8月号」で …

セラピスト8月号 第2特集「フラワーエッセンスを使いこなす!」より

セラピスト8月号の第2特集「フラワーエッセンスを使いこなす!」より、 フォトギャラリーをお届けします。 今回、フラワーエ …
セラピスト2月号処方箋ぽかぽか

血流を良くする「太白油」のトリートメントオイル

本日発売の「セラピスト2月号」では、そんな冷え対策のレシピを「連載 アロマとハーブの処方箋」(解説:川西加恵さん)にてご …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD