フェイシャルを学ぶセラピストたち

投稿日:

ボディトリートメントを専門に行うセラピストたちによる、フェイシャル・スキルを学ぶ機会が、以前よりも増えています。

「その理由は?」と問うと、以前は「他店舗との差別化」と答える人が多かったのですが、最近では「お客さまからの要望が多いから」や、「リピーターさんに生涯、寄り添うケアをしたいから」という意見が圧倒的です。

「お客さまからの要望が多いから」という意見の中には、「信頼できるあなた(セラピスト)に、ボディだけでなく、お顔もケアしてほしいから」と言われるケースが多いようです。
確かに、自分の心身を良く知るセラピストに、全てをお任せしたいのは当然ですよね。

また、ボディトリートメントを受けて体の調子が良くなると、次に美を追究する傾向が見られます。
そして美しくなると、それが自信につながり、体調面にも良い効果を及ぼします。
この相乗効果を期待できるのが、ボディとフェイシャルを提供するサロンの強みといえるでしょう。

一方、「リピーターさんに生涯、寄り添うケアをしたいから」という意見には、少し戦略的な要素もあり、結婚(ウェディングプラン)、出産(マタニティプラン)から更年期のケアまで、女性のライフスタイルに合わせて幅広いメニューを提供をすることで、末永いお付き合いが出来るという狙いがあるようです。

フェイシャルを学ぶセラピストの数は、今後も増え続けるようですが、いかにそれまでセラピストが掲げ実践してきたサロンのコンセプトと合致させたフェイシャルメニューを提供出来るかが、リピーター獲得の鍵になるのではないでしょうか?

稲村

-

おすすめ記事

編集部ブログ黒文字とシャネル

眠れぬ夜、身にまとうのは「シャネル 」じゃなくて「クロモジ」です −“ゆる身土不二”実践中の私−

かつて、マリリン・モンローが「寝るときには何を着ていますか」という記者からの質問に、「シャネルの5番よ」と答えたというの …
MACHI cafe 春デザイン

桜の開花はまだですが、カップは春めいていました(※数量限定の“春デザインカップ”)。

 こんにちは、編集部のSです。  3月3日には、桜餅(&草餅)を食べ、 セラピスト4月号も発売され、 「もうすっかり春で …

特集企画 ビューティーワールド ジャパン取材レポート

「服部惠×炭酸フェイス・ボディ・ヘッド〜ハンド技術もカウンセリングも全て披露」セミナーレポート   5月15日 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD