優しさと厳しさの、両面が大事

投稿日:2015年12月25日 更新日:

2015年も残り数日となりました。
今年も様々な人との出会いがありました。
出会いの数だけ会話があり、学びがありました。

151225ina.jpg

セラピストの皆さんも、お客さまだけでなく同業者の方や講師・生徒さんなど、沢山の出会いがあり、コミュニケーションを取る機会があったと思います。

セラピストの皆さんを取材し、今年1年を通して感じたことは、「場の雰囲気の温かさ」にこだわる方が多かったということ。

セラピストがお客さまを迎えるにあたって、温かい雰囲気をつくる。
これは今年に限らず、いつも皆さんが心がけていることです。

同様に、セラピストがスクールやワンデイセミナーを受講する場合も、講師の優しさや、アットホームな雰囲気の教室を好む傾向が多いと感じました。

逆に言えば、スクールやセミナーを開く場合、丁寧で優しいアットホームな場作りを心がけることが必須となるでしょう(もちろん、講座内容が充実していることは大前提ですが)。

ただし、セラピストとして成功する人材を育てるためには、優しさだけでなく厳しさも持ち合わせた指導が必要であることは、言うまでもありません。
どのような職業でも同じなのですが、とくに「癒し」を提供するセラピストの場合、より両面を併せ持ち、バランス感覚を養い保つことが重要だと感じています。

今年も1年間、編集部ブログやセラピスト本誌をご愛顧くださり、誠にありがとうございます。
そして来年も、よろしくお願い申し上げます。
良い年を、お迎え下さい。

稲村

-

おすすめ記事

試験合格の秘訣をアロマテラピーインストラクターが語る!

『セラピスト4月号』では、公益社団法人日本アロマ環境協会アロマテラピーインストラクター資格の勉強方法や試験対策、合格後の …
no image

五感優位性チェックテストで、 セラピスト・オーラを磨こう!

「あなたに会うととても癒される」「あなたのところに行くと元気になる」という言葉をお客さまからいただいたことはありませんか …
no image

ひとりひとりの力で繋がる、アロマの輪。

こんにちは〜。 セラピスト編集部のはんざわです。 今日の東京は、雨が降り続いております。 どこに行っても蒸し蒸し蒸し。 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD