日本一の、その先に

投稿日:2015年5月29日 更新日:

先月、パシフィコ横浜で開催された、「第5回エステティックグランプリ」。
モデルサロンプレゼンテーション部門でグランプリに輝いたのは、東京・目黒で個人サロン「haru」を営む、関口晴美さんでした。

150529ina.jpg

彼女が今日まで歩んできた道のりは起伏に富んでいて、限られた文字数や時間内では、容易に伝えきることができません。

20代中頃、富良野塾の12期生として、苦楽を共にした集団生活。
「凄いところに来ちゃった……」と思いながらも、全力で駆け抜けた2年間の出来事。

20代後半、生涯を共にするご主人との出会い。
その時、突きつけられた、役者としての限界。

30代になり、初めて飛び込んだセラピーの世界。
そこで、毎日のように厳しい指導を受け続けてきたこと。

1つひとつの出来事が彼女の血肉となり、個人サロン「haru」の、関口晴美さんが形作られていきました。

「スクールを卒業してすぐに開業するのは、なかなか難しいでしょうね。
厳しい下積みや接客を経験し、鍛えられた上で独立した方が良いと思います」

グランプリ受賞から数日後、取材の際に語ったその言葉は、彼女の人生経験の重みゆえに、心に響きました。
モデルサロンプレゼンテーション部門でグランプリを受賞した、関口さん。
でも、彼女は「技術者ですから、やっぱりフェイシャル技術部門でグランプリを取りたいです」と言います。

ゴールのない階段を、しかしながら着実に、一歩一歩のぼってゆく関口さん。
その姿に憧れ、あとを追うセラピストやエステティシャンたちが、きっと全国各地に増えはじめていることでしょう。

稲村

-
/

おすすめ記事

no image

童話から香りをつくる!『ねっこぼっこ』

こんにちは!編集部の諏訪です。昨日は雪が積もらず、ほっとしましたが、ちょっと雪で遊びたい気持ちもあったので複雑な心境です …
no image

「エステティック・ビューティー」が創刊します!

4月24日に、新雑誌「エステティック・ビューティー」が創刊します。 特集のテーマは、「エステティックサロンのフェイシャル …

心の扉を開く

こんにちは〜。 セラピスト編集部のHです。   はやくも2月。 あまりの寒さに珍しく風邪をひきました。 インフ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD