マタニティケアについて

投稿日:2014年11月21日

こんにちは!
セラピスト編集部のウツギです。

最近めっきり寒くなって、朝起きるのも辛くなってきましたね。
乾燥が酷いので、我が家では新しい加湿器を購入。
その新人くんがフル稼働しております。

さて、さて、
最近、弊社の新刊でアネルズあづささんの
「マタニティアロマセラピー コンプリートブック」を読みました。

20141121_utsugi.jpg

マタニティアロマには以前から興味があったのですが、
最近まであまり香りを嗅ぐ気が起こらず
「これが治まったら…」と先延ばしにしていたのです。

本を読み始めると、精油のことやトリートメント、解剖生理、ベビーケアと
知りたいと思っていたことが盛り沢山だったので、
流れるように読み切ることができました。

この本を読んでまず思ったことは、
「わたし、自分の身体のことを何も知らないじゃん!」でした。
定期的に病院に通っているとはいえ、実際に自分の身体が
どのように変化しているのか、また自分が抱えているトラブルが
どんなものなのか、とてもぼんやりとしか考えていませんでした。

反省。

特に、マタニティの解剖生理学の部分では
子宮や卵巣の病気から分娩についてまで詳しく説明されていて、
これからの心構えにもなりました。

一番の収穫は、自分の身体の状態を具体的に知ることで、
トラブルを厄介者とせずに自分の一部であることを認めよう
という気持ちが芽生えたことです。

以前は、「嫌だな、怖いな…あまり考えないようにしよう」と
思っていたのですが、
今では、「お互い大変だよね」と思うようになりました。

これからは、香りを楽しみながら
メインイベントに向けて自分のコンディションを整えていこうと思います。

では、また!

-
/ / / /

おすすめ記事

【期間限定動画公開中!】一般社団法人プラスアロマ協会代表理事・齋藤智子さんに学ぶ 「アロマ調香デザイン学」のエッセンス

第3回 「香りの組み立て方」 これまでアロマセラピストとして、アロマスクール、マッサージケア、香育など様々な活動の中で、 …

まだまだあります! 三大精油を使いこなすレシピ ゼラニウム編(セラピスト10月号連動記事)

セラピスト10月号の第1特集「三大精油“徹底”活用ガイド」では、ラベンダー、オレンジ、ゼラニウムについて、それぞれ5人の …
no image

セラピスト4月号第2特集連動記事 セルフ診断♪深層心理を知り、心を癒す花セラピーのフラワーアレンジメントを見つけよう!

花屋さんの前を通ったとき、ふと気になった花や、花を生けるときに何気なく最初に選んだ花には意味があります。 花の心理療法「 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD