戦利品&先生の話@癒しの祭典

投稿日:2013年10月1日

こんにちは。
セラピスト編集部のはんざわです。
もう10月ですね。秋刀魚が終わってしまうのがさみしい・・・

さてさて、9月28日(土)に、日本アロマコーディネーター協会の「癒しの祭典」に行ってきました!

「癒しの祭典」は、東京・浜松町で開催されているイベントで今年で2回目。
トークショーや見本位置、アロマクラフトコンテスト、マクロビ&アジアン屋台などがあり、アロマ好きなら行っておきたいイベントだと思います。

私は取材も兼ねつつ、本心は「精油やオイルが安く買える・・・・・」と買い物気分。
実際、取材などいろいろ仕事しつつも、ちゃっかり戦利品をゲットしました。

以下、獲得した品々。
131001-1.jpg

左から
・マカダミアナッツオイル→200ml、1,500円
・バスオイル→100ml、300円
・フランキンセンスオイル→10ml、2,000円
・原千晶さん手作りのサシェ→1,000円
計4,800円。

計算してみて、買いすぎた・・・と青くなりつつ、
やっぱり元を計算すると安い(原価よりも)。。
しかもバスオイルは消費期限近かったので、価格破壊だし。

10mlのフランキンセンスは普段勇気がなくてなかなか買えないので、
こういう機会に買えたということで良しとする、

サシェは原千晶さんの限定オリジナル品だったので、良しとする、
(たんすに入れたら、自然と香っていいかんじ)

と自分に言い聞かせ、
結果、買ってよかったと思ったのでした。
やっぱりイベントの重要なところは、お得なものがどれだけあるかなのです。

それからお昼は、ベリーのスムージーと、鳥の挽肉が入ったガパオサンドを食しました(写真取り忘れた・・・)。
一人で黙々と食べていたのですが、前のテーブルの来場者の人と仲良くなり、
いろいろとお話させていただきました。

その方は、小学校の先生をされつつ、いろいろなアロマの資格を持っており、
なんとセラピスト誌を購読してくださっていました。
ありがたやありがたや。

それで、今のアロマ事情などについていろいろお話しているうちに、
「小学校でアロマトリートメントをされている」ということを教えていただきました。

「小学校4年生のクラスで、好きな精油を選んで、
みんなでお互いにやりあうんだけど、『気持ちいい〜』って素直に喜んでるのよ」

「男の子だからとか、女の子だからとか、恥ずかしがったりしないんですか?」
と聞いたら、
「全然そんなことないわよ〜。みんな一生懸命やってるの」
とのお答え。
情景が思い浮かび、思わずほのぼのしてしまいました。
子どもってすばらしい〜。

セラピスト2013年2月号で、学校でリフレクソロジーの授業を行っていることをご紹介したのですが、アロマでも始まっているのですね。
でも学校で行うことはまだまだ制限が多く、現実には難しい部分も多いそうです。

アロマやリフレやセラピーは、とても良い情操教育だと思うので、体育の時間とかに、必修になるといいなあと強く思います。
自分が子供の頃にやってたら、もっと早く健康管理の意識も芽生えた気がしますし、
キレる子供も少なくなりそうだし。

新たな出会いがあり、いろいろなことを聞くことができた、充実した一日でした。
また次号でも、癒しの祭典の様子などご紹介します!

ちなみに、子供に人気なのは圧倒的にレモンの精油だそうです!
うーん、わかりやすいな、子ども!

ではではまた〜。

はんざわ

-

おすすめ記事

プロポリスグミセラピストブログ

愛用のプロポリスグミ。ところで、プロポリスって蜂の何? ーハチミツでもないローヤルゼリーでもないプロポリスー

喉の不調にハチミツやプロポリスがいいと耳にした事がある方は多いと思いますが、それらの違いはなんでしょう? そもそもハチツ …

お薦め「サロン繁盛アイテム」を一挙ご紹介 〜サロン精選編〜(セラピスト2月号連動企画)

セラピスト2月号の第1特集「サロン繁盛アイテム」では、用いることで顧客満足度も施術効果も高まり、その結果、サロンを繁盛へ …
折り紙療法セラピスト

大人の“脳活”に効果的という「折り紙療法」が気になる

10月号の第1特集は、「認知症ケアの教科書」です。 本特集では、認知症のメカニズムやケアについて、認知症専門医であ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD