「更年期ケア」のプロになるために、ハーブティーとハーブチンキを使いこなそう!

投稿日:

「ひとことに更年期障害といっても、さまざまな主訴があります」

と語るのは、一般社団法人アロマハンドトリートメント協会の、木之下惠美理事長。

 

 

更年期には、さまざまな主訴が現れるため、その時々に応じてハーブを使い分けることで、ホルモンバランスを整えることができるようになるといいます。

 

木之下さん自身、25年以上に渡りメディカルハーブを活用しているため、その 時々に応じた使い分けができるようになりました。

 

そこで、「セラピスト4月号」では、セラピストにオススメしたい、ハーブを使った更年期のケア法を解説しています。

 

中でも、ティーとチンキによる「ドイツメディカルハーブ」のブレンドレシピは、更年期にとくにオススメです。

 

 

編集部I

-
/ / /

おすすめ記事

病気にならないセルフケア・セミナーの第2回が開催決定

講師の一般社団法人おまたぢから協会代表・立花杏衣加氏。 テーマは経血コントロールと乳がん 3月に行われて大好評だった「病 …
no image

つぶつぶが気になる

こんにちはセラピスト編集部のウツギです。 8月号の編集後記に6月に入籍したことを書いたのですが、思いの外、社内の人たちか …

神楽坂あいヒーリングマルシェ開催!

「新しい一年へ」をテーマに、さまざまなジャンルのセラピストが集結! 2月5日(日)、新宿・神楽坂のセミナールーム アイ・ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD