風の強い日は、「天上大風」のイメージに心ほぐされて

投稿日:

天上大風

花粉症の方には申し訳ないと思いながら、風の強い、よく晴れた日が好きです。

とはいえ昨日はさすがに暴風のレベルでしたね! 道行く人も身を縮こめ、髪や荷物を押さえながら歩いていました。そんな日は江戸時代のお坊さん・良寛さんの「天上大風」のエピソードを思い出します。(ちなみに私は「てんじょうたいふう」と思っていましたが、正しい読み方は「てんじょうおおかぜ」なのでしょうか? 詳しい方がいらっしゃればぜひご教授ください)

書の名人でもあった良寛さん。お寺に来て、何か文字を書いてとせがむ子供たちに、何の目的で使うのかと尋ねると、凧にするのだと言う。そこで、凧がよく揚がるよう、上空に良い風が吹きますように‥‥という願いを込めて「天上大風」の4文字をしたためたのだとか。

飾らず自然のなかに生きた良寛さんらしいエピソードでほっこりします。

凧

と同時に、この4字を思うとき私はいつも、地上ではそよ風が心地よい日でも、上空には大きな風が渦巻いていることを想像して、心が解放されるようなイメージを連想してしまいます。広く何もない青い空、そこに轟々と音を立て、激しくぶつかってくる風。そんな想像をしていると、自然の大きな力を全身で体感した気持ちになり、小さな心配事や憂鬱な気持ちもいつしかほどけているのです。

ただ、人によっては心落ち着かないシチュエーションかもしれません。穏やかな森林浴や海辺の波音をイメージした方がリフレッシュできるという方もいるでしょうし、アロマやヨガなど、もっと直接的なアプローチを求める方もいるでしょう。

ヨガ

大切なのは、自分の心身のご機嫌を取る方法を、自分で分かっているということです。まだまだ三寒四温な落ち着かない時期ですから、皆さんそれぞれ、自分で自分を心地よく整えながら、春に向けて過ごしていきましょうね

編集部T

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
セラピーライフスタイル総合展「THERAPY WORLD Tokyo 2024」
→@aromaherb_expo
https://www.instagram.com/aromaherb_expo/

セラピーのチカラ、セラピストのハートを伝える
「隔月刊 #セラピスト誌」をfollow♡
→@therapist_bab
https://www.instagram.com/therapist_bab/

友だち追加

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

おすすめ記事

五行アロマセラピー、インスタ集客術、深部リンパ節開放マッサージのスキルを、無料で生配信!

12月17日(木)・18日(金)に、東京・浅草の地で開催する「発見!アロマ&ハーブEXPO 2020」。現在は、政府によ …

「美しくなるフードセラピーVol.6夏号」発売!

本日、「美しくなるフードセラピーVol.6夏号」が発売となりました。特集は、沖縄「島ハーブ」から「薬膳」まで。心と身体に …

【セラピスト創刊20周年】感謝セール実施中!

こんにちは!セラピスト編集部Rです。 今回、いつもご利用いただいております皆さまにとっておきの情報をお知らせいたします! …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD