長い歴史を重ねた上での、フレッシュなオリーブオイル「ノヴェッロ」。

投稿日:2019年4月30日

 こんにちは、編集部のSです。

 先日、とある東欧フェアのポップアップストアでオリーブオイルを衝動買いしました。
 我が家で最も消費される食用油は「オリーブオイル」ですが、“我が家の定番”以外にも稀に変わり種を仕入れてきたりします。

 そして、今回購入したのが、クロアチア産のエクストラヴァージンオリーブオイルで、2018年の冬に収穫されたばかりの新物です。

オリーブオイル

 これまでは、スペイン産やイタリア産を買うことが多かったので、“クロアチア産”を買ったのは初めて。
 ポップアップストアの店頭に立っていた、輸入会社「おいしいクロアチア」のゾランさん(クロアチア人?)がいくつか味見をさせてくれて、直接おすすめしてもらったのがこれです。

 ゾランさんの説明によると、オリーブオイル界のミシュランガイドともいわれる「FLOS OLEI(フロス オレイ)」でも高く評価されているそう。それも、産地のイストラ半島(クロアチア)は、FLOS OLEIで3年連続 世界一のオリーブオイル産地「Best olive oil region in the world」に選ばれているのだとか。
(そもそも、「FLOS OLEI」というオリーブオイルのガイドブックがあることも知らなかったのですが、新たな出合いは 新たな知識も一緒にやってくるものですね。)
 生産量でいえばスペイン産が圧倒的に多い(約半分)こともあって、知名度では一歩及びませんが、クロアチアでは小規模な農家が高品質なオリーブオイルを作っているそうです。

 地中海沿岸地域でのオリーブオイルの歴史は長く、紀元前にまでさかのぼり、一説には約6,000年前から作られているとか。6,000年前というと、日本では縄文時代が始まる前でしょうか。気の遠くなるような長い歴史と経験が積み重なっているんですね。

 経験を重ねるといえば、5月7日に発売される『セラピスト6月号』では、「すべての経験が、役立つ、強みになるから— 40代、50代で、セラピストになる!」と題した特集を組んでいます。豊かな人生経験を活かして、40代・50代で「セラピスト」という新たなスタートを切った方々を紹介しています。

おすすめ記事

no image

セラピスト6月号フォトギャラリー

5月7日に発売された「セラピスト6月号」フォトギャラリーをご紹介します! オーストラリアの自然療法レポート。 世界遺産の …

セラピストたちの、人生物語〈ヒューマン・ストーリー〉

雑誌「セラピスト」の取材で、様々な方にお会いします。 そこで聞くことができる、1人ひとりの「セラピスト人生物語」が、とて …

【予約が取れない!10分ティーチャー】夜久ルミ子先生、TV出演決定!!

こんにちは! いつも編集部ブログをご覧くださり、ありがとうございます♪ 今日は、素敵なお知らせがございます! 深部リンハ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD