これからの未来は、“こころ”と“からだ”を一致させるためのからだづくりを。ボディケアジャパン行ってきました!

投稿日:

こんにちは〜。

セラピスト編集部のHです。

 

台風、地震と災害が続いています…。

被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

このように、災害続きの日本ですが、

こんな時代だからこそ、

「より整ったからだづくり」が必要であることを痛感しています。

 

ここでいう「より整ったからだ」というのは、

筋肉だけが鍛えられたからだのことではありません。

 

本当のからだとは、ココロと一体になったからだ。

 

自己一致。

心身一如。

自分の行うことが「腑」に落ちている。

 

それが、本来あるべきからだの状態です。

 

そういったからだになると、危機的な状況が訪れそうなとき、 「虫の知らせ」が働くといいます。

 

身体感覚教育研究者の松田恵美子先生などは、

「からだはすべて識っている」とよくお話されていますが、まさにそう。

 

天気予報や地震速報、自治体のアラームは絶対に必要ですが、

逃げるか、この場に踏みとどまるかの判断は、

からだの奥深くになる直感が持っています。

これからの時代、自分のからだに“アラーム”を装備していたほうが良いと思うのです。

 

「何となく、こうしたほうがいい」という直感は、

瞑想などでももちろん磨かれますが、

マッサージ、トリートメント、ボディワークを

定期的に受けていても、高まるものです。

 

そんなわけで、 今回のブログでは、

先日、渋谷で行われた 「BODYCARE JAPAN」のイベントについて

書きたいと思います。

http://bodycare-japan.com/

 

これは、タッチング、筋膜リリース、タイ古式、マッサージセラピー、

ソマティック心理学、等々、各種ボディケアの講座が満載のイベントです。

 

私は、 『整体的子育て』で知られる

山上亮先生の野口整体講座に参加してきました。

 

DSC_1849

DSC_1775

 

(セラピスト2017年12月号「ボディワーク特集」

弊社発行の『月刊 秘伝』の「野口整体」特集でも山上先生が登場しています)

 

「野口整体」、

名前だけは聞いたことがある人も多いと思います。

 

野口整体とは、その名のとおり、

故・野口晴哉(はるちか)氏が創始した、日本の整体法です。

 

整体といっても、まちにあるもみほぐしのお店の理論とはまるで違うもの。

 

「愉気」と呼ばれる施術法は、手を当てるだけのもの。

レイキみたいな感じです。

 

また、精緻な観察から、人に「体癖」があることを発見し、

言葉かけだけで相手を変えてしまったり(潜在意識教育)、

生命力がよみがえる運動法(活元運動)を編み出したり。

 

野口整体が目指すものは、「全生(ぜんせい)」。

 

生を全うする。

いのちを生ききる。

自分に与えられた資源や可能性をすべて使い切って生きる、 ということ。

 

そのためには、からだの生命力を甦らせることが欠かせません。

 

山上先生の講座では、

それに有効な合掌行気法」を教えていただきました。

 

両方の手のひらを合わせて、 手のひらで吸って、手のひらで吐く方法です。

(セラピスト2017年12月号「ボディワーク特集」より)

 

これをやってから施術すると、相手に気を届けられるようにもなり、

自分自身も整うとか。

DSC_1778

(こんな感じで愉気をします)

 

かつて、山上先生が修行として合掌行気法を1日15分、かかさず行ったところ、

何度も手の皮がぼろぼろと剥がれたとか!

 

これまで、4〜5回くらい皮膚がまるごと向けたそうです。

愉気のちから恐るべし。。

 

実際に、合掌行気法をやってみると、

手がふわっとした感じになるし、

呼吸に集中するので雑念が消えて、ちょうどよい瞑想タイムになります。

 

「人は足で行動し、手でものをつくります。だから手の感覚を磨くことは重要」と

山上先生はおっしゃっていました。

手を使わない職業の方はまずいらっしゃらないと思うので、ぜひ実践してみてくださいませ。

 

また、ボディケアジャパンのイベントでは、

無料(!)でタイ古式マッサージも教えていただきました。

DSC_1790

 

「ふたりでするヨガ」とも言われるように、

やってみると、施術する自分自身も、からだが心地よくなるのが驚きでした。

 

こんな風に、相手に乗るだけで、マッサージができるのです。

理にかなってる!

 

プロのセラピストを目指す方だけでなく、

家庭でマッサージやボディワークを

日常で行う文化がもっと育まれるといいなあと思いました。

 

大変な状況であっても、できるだけ早く、からだとこころがいつもの状態に戻れるように。

 

編集部H

おすすめ記事

セラピストの働き方が多様化し、 “コラボ”で収益アップ!

コロナ禍でセラピストの働き方も多様化していますが、この春、サロン開業を始めた人の数は、意外に多いようです。ただし、従来の …
no image

セラピスト本誌創刊15周年記念セミナーその1。 神崎貴子さんが語る、「セラピストからスポーツアロマトレーナーになる!」

今春、セラピスト本誌が創刊15周年を迎えました。 そこで、読者感謝企画として、7月24日(日)に、東京・渋谷のシダックス …

注目の実技セミナーをピックアップ!「リンパマッサージ」

セラピスト必見の「実技セミナー」。本日紹介するのは、12月17日(木)18日(金)に行われる、「発見!アロマ&ハーブEX …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD