日本の薬局でも「アロマオイル」が買える日は近い!?

投稿日:2019年2月1日

こんにちは、編集部のSです。

 先日「アロマ」の取材へと向かう道すがら、
普段であれば全く気に留めないような
窓ガラスに「処方せん受付」と書かれた、
よくあるタイプの“街の薬局”がありました。

 その日はなぜか気になって、
その薬局を横目に見ながら歩いていたら
入口のドアを挟んで反対側の窓に「Aroma Space」の文字が!?
(偶然なのか、狙ってなのか、店名にも「香」の字が使われている。)

 ちょっと気になったので、
取材を終えてから立ち寄ってみると
アロマの精油の瓶が並ぶコーナーがありました。

 カウンター内の薬剤師さんにお話を聞いてみようとしたら、
「今は、詳しい担当者がいないから…」とのことだったのですが
日本の薬局でもアロマオイルを扱うお店がでてきたんですね。

 アロマの本場フランスなどでは、
街の薬局で医療グレードのアロマオイルを取り扱っているとか。

 日本でも、
多くの人がアロマを使うようになれば
アロマオイルを扱う薬局が増えていくのかもしれませんね。

余談ですが、
この薬局に置いてあったFlower Remedy(フラワーレメディ)の
Rescue(レスキュー)シリーズ。

<※Rescue Remedy:5つの花を原料に用いたエッセンスで、
 ストレスやマイナス感情を和らげるための製品です。薬ではありません。>


<写真は、同シリーズのグミキャンディー「Pastilles(パステル)」>

このパッケージ、どこかで見たことあるなぁ。。。と
しばらく考えていたら、思い出しました!

私が長くお世話になっている歯医者さんでした。

私は、長くお世話になっているので
慣れてしまってもう緊張しないのですが、
歯医者で緊張してしまう方へ向けて
紹介されていました。

おすすめ記事

ポータブル型快眠サポート機器「Sleepion 2」先行予約販売が開始

手のひらサイズでコンパクトなうえ、バッテリー駆動で持ち運びしやすい。 「音」と「光」と「香」の3つの要素で安らぎを与える …
MACHI cafe 春デザイン

桜の開花はまだですが、カップは春めいていました(※数量限定の“春デザインカップ”)。

 こんにちは、編集部のSです。  3月3日には、桜餅(&草餅)を食べ、 セラピスト4月号も発売され、 「もうすっかり春で …

愛用してても意外と知らない!?アロマとハーブの「実は…」

こんにちは編集部Tです。 セラピスト編集部にいるということもあり、ときどき友人から「アロマディフューザーって何を使うのが …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD