セラピスト12月号「私の「手技力」をアップデート!」より

投稿日:2012年11月13日 更新日:

現在発売中の「セラピスト12月号」から、写真をご紹介します。

第2特集「私の「手技力」をアップデート!」では、
ボディメカニクスやフェイシャル、リンパドレナージュなど、
各分野のトップセラピストが、手技に悩むセラピストさんに対し、
手技力のアドバイスを行っています。

その中で登場いただいた、
東京・恵比寿の「フランシラ セラピストスクール 日本校」の竹内惠美さん。

121113-3.jpg

アロマテラピーなどのナチュラルセラピーのほか、
リンパドレナージュの指導を行っています。

リンパドレナージュの手技の最も大きな特徴は、「微弱な圧」で行うということ。
リンパドレナージュは、
筋肉などにアプローチする他のトリートメントと異なり、
皮膚と筋肉の間にある、「わずか3〜4mmの間の真皮層に存在する毛細リンパ管」に
働きかけるため、ソフトな圧で皮膚に密着するようにドレナージュしていきます。

121113-1.jpg

このように弱い圧で施術するため、
リンパドレナージュでは「揉み返しが発生しない」そう。
このことから、揉み返しに悩んでいたセラピストの佐々木さん(下の写真右)は、
ドレナージュを学ぶようになったそうです。

また、このテクニックは、手の走行も重要とされています。
リンパの流れに沿って、手を動かす練習を何度も繰り返します。

121113-4.jpg

全身の老廃物は、最終的には、
静脈と合流する、鎖骨近くのリンパ節に流していきます。
鎖骨上の中央をプッシュします。

121113-2.jpg

「リンパドレナージュ」の詳しい手技については、
「セラピスト12月号」に掲載しています。

ぜひ参考にして下さい。

-

おすすめ記事

2019年7月27日(土)第1回「アロマ調香Lab.」開催。来場者には業界初『アロマ調香ノート』をプレゼント予定!

2019年7月27日(土)、南青山の「L&Cdesign ギャラリーFe」にて、一般社団法人プラスアロマ協会の新サービス …

世界的に収穫祭の多い秋…食欲の秋は深まっていきます。

ハロウィンといえば 現在発売中の「セラピスト10月号」に掲載している企画「植物に触れ知識深まるクラフト作り」でハロウィン …

【10月号特集連動記事】鳥取大学医学部教授 浦上克哉氏が語った「認知症予防とアロマセラピー」。セラピストが活かすには。

現在発売中の雑誌「セラピスト10月号」では、第1特集に「セラピストのための『認知症ケアの教科書』」を掲載しています。認知 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD