女性ホルモンの変化で出産後は憂鬱、イライラ、むくみ、腰痛に。 産後うつや産後クライシスに向き合う「産後ケアセラピスト」とは?

投稿日:2018年7月26日 更新日:

近年、産後うつや産後クライシスに悩む女性が増え、社会問題となっている。無事出産できたとしても、なぜだか急に悲しくなる、憂鬱になる、イライラする、身体のむくみがある、腰痛が辛い、疲れやすいとさまざまな問題を抱える女性が少なくない。そんな女性の心身をサポートするのが「産後ケアセラピスト」だ。

神奈川県の葉山・湘南エリアの産院では、この「産後ケアセラピスト」が活躍している。今回、産後ケア専門のアロマセラピストチームとして活動を行っている「タッチケアサービス」に、産後ケアについて話を伺った。

まず、産後ママの心と身体はどう変化するのだろうか? 「出産は我が子に会える喜びと共に、とても大きなエネルギーを要する命がけの仕事です」出産という大きな喜びもつかの間、赤ちゃん中心の生活が始まり、目まぐるしい環境の変化が始まる。身体の中では、女性ホルモンが激減。出産時に女性ホルモンの分泌がピークを迎えた後は、胎盤排出と共に女性ホルモンは激減してしまう。

「出産してから約6~8週間ほどかけて、身体は通常の状態に戻ります。でも、女性ホルモンの大きな変動は、心と身体に影響をきたしやすくなるというのは、容易に想像できますよね」自律神経と女性ホルモンの分泌の視床下部は密接な関係にある。そのため、産後は特に自律神経が乱れやすく、涙もろくなったり、ほんの些細なことで傷ついてしまったりと不安定になりやすい。同時に、更年期にみられる冷えやのぼせといった症状も出るのだそう。

「タッチケアサービス」では、出産直後の入院中のママにアロマトリートメントを行っている。施術をすると、むくみが解消したり、子宮の収縮や会陰切開、帝王切開に伴う痛みが緩和したりする。身体の不調を改善できるだけではない。産後ママの心も穏やかになるという。

「産後のママたちは、授乳のことや育児のこと、家族のことなどさまざまな不安を抱えています。そのため、セラピストとして傾聴を大事にしています。ゆっくりと話に耳を傾けると、ママたちの表情はとても穏やかになっていきます。不安や緊張が続いている方のお身体に触れると、身体が固く緊張してしまっていることがわかります。そんな時に優しいタッチングのトリートメントや心地よいアロマの香りを感じるだけで、身体は緩んでいきます。身体が緩んでくると、硬くなってしまった心も軽くなるので不思議です」

トリートメントと精油の相乗効果で心身が癒され、産後を気持ちよく過ごせるようになるママたち。現場ではローズウッド、ベルガモット、グレープフルーツ、オレンジスイート、ラベンダー、フランキンセンスの精油が人気だそう。

「タッチケアサービス」には、産後ケアを受けたママたちから今も喜びの声がたくさん届いている。『産後初めて深呼吸ができて、ぐっすり眠れた』『肩がラクになって、視界が明るくなった』『腰痛が緩和した』『母乳がよく出るようになった』『便秘が解消した』『足が軽くなった』『辛い気持ちをわかってもらえて、気持ちが軽くなった』『話を聞いてもらえてスッキリした』『退院後の不安が和らいだ』

産院内ではもちろん、アロマサロンやトリートメントサロン、整体院などでも取り入れやすいのが「産後ケア」だ。妊娠中の女性は悪阻や大きなトラブルを抱えている方も多く、マタニティケアは医師の許可が必要な場合もあるが、「産後ケア」は取り入れやすく、必要としている女性も多い。ぜひメニューの1つに取り入れてみてはいかがだろうか。

なお、8月31日(金)には「タッチケアサービス」の専門家が教える「産後ケアセラピスト」入門セミナーを開催する。産婦人科内における臨床経験に基づき、産後の「辛い」に迷わず対応できるようになるための、トレーニング入門講座。産後のママたちにしっかりと寄り添えるようになるセラピストを目指せる貴重な機会だ。

<タッチケアサービス>

医療機関でのケア 10 年の実績と症例数 15.000 件以上の臨床を基に、専属アロマセラピスト・看護師・中医推拿整体師など経験豊かな講師陣とともに理論にとどまらず実践的なホリスティック産後ケア講座を開催している。http://www.touchcare-s.com/

8月31日(金)開催「産後ケアセラピスト」入門セミナーの講師プロフィール

萩原美智:タッチケアサービス代表。湘南地域の産婦人科を取引先に持ち、医院専属セラピストチームを運営。産婦人科内にて出産後の患者様にアロマトリートメントを実施。10年間の累計症例数、約20.000件。

館山亜希:看護師として心臓カテーテル血管造影部門を担当していたことから血管を熟知した看護師アロマセラピスト。経験と知識を活かした産後ケア・高齢者ケアを行う。

島田浩子:タッチケアサービス専属セラピスト・大学病院内の希少難病の方へ傾聴を行うスタッフとしても活躍。AEAJ、JAA、NARDJAPAN、JMAA各団体の認定資格取得。

山口恵美:レイキ推拿セラピーいぶき主宰。養護教諭から中医学の道へ。漢方薬局、治療院にて修業を積む。推拿整体師・中医学講師・現代レイキマスター。

-
/ / / / / / / /

おすすめ記事

no image

ローズに囲まれて

こんにちは、セラピスト編集部の岩名です。 「国際バラとガーデニングショウ」のポスターを毎年見ながら、一度は行ってみたいと …

10月号の制作が始まりました。第1特集は三大精油 第2特集はファミリセラピーです!ファミリーセラピーを担当して今思うこと

    こんにちは。 最近、口から「暑い」という言葉しか出てこない 編集部のAOです! みなさん、口 …
no image

サロンづくりのための価値観チェックテスト

セラピストの皆さんは、「いつか自分のサロンを開きたい」という夢を持っているでしょう。 しかしサロン開業を目標とするなら、 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD