「観光地のホテルスパ・サロン」に求められることと、「街中のスパ・サロン」に求められることとは?

投稿日:

今年の8月は毎日のように猛暑日が続いていましたが、ここ数日、朝晩に限って言えば随分過ごしやすくなってきました。

真夏日

とくに日陰を歩いていると、風が心地よく感じます。

客足の伸びが、天候に左右されてしまう観光地のホテルスパ・サロンは、猛暑厳しい真夏よりもこれからの季節の方が、集客の期待が高まるのではないでしょうか。

リゾートスパ

リゾート地や観光地のサロンを訪れるお客様は、街中のサロンよりも一見さんの割合が高いと言われています。

そのため、施術や接客の善し悪しが、そのお客様のセラピーサロン全体の印象に直結してしまうことも。

つまり、業界全体のイメージを良くするも悪くするも、そのサロン次第(というと言い過ぎかもしれませんが)。重要な役割を担っているのです。

一方、街中のサロンに求められるのが、予防医学としてのサロンの重要性をしっかり伝えるということ。

お客様の来店目的がリラクゼーションや美容だったとしても、サロンケア=予防医学にとって必要、と意識づけられれば、セラピストの価値は益々上がるのではないでしょうか。

編集部I

おすすめ記事

「性虐待にあった女性の妊娠・出産・産後ケア」ワークショップ

全米から50人の医師、看護師、セラピストらが参加した 出産の寄り添いをする、「ドゥーラ」を養成する教育機関が開催!  2 …
和精油バスオイル雑誌セラピスト

山椒はうなぎにかけるもの。いいえ、お風呂に入れるもの!? ー和精油のハナシー

 山椒と言えば、スパイシーな香りがたまらない調味料としての印象が強いですが、精油となるとまた少々違います(今回は、yui …

【取材diary】「陰陽五行で本当の自分を知る」安部雅道先生の講座を取材しました!

1月28日(土)東京にて安部雅道先生の講座が開催されました。今回開催されたのは、「陰陽五行で本当の自分を知る」ための講座 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD