ブームから十数年。今もなお、盛んに研究されている「リフレクソロジー」の奥深さ。

投稿日:

20世紀の終わりから21世紀初頭にかけて、日本で一気に有名になった「リフレクソロジー」。駅前のサロンで施術を受けたり、スクールに通う人たちが増加し、リフレクソロジストの資格を取得する人も増えていきました。セラピスト本誌でも度々特集を組み、様々な切り口で紹介しました。

現在、ブームと呼ばれる現象は落ち着いてはいるものの、世界中でリフレクソロジーの研究と実践は絶えることなく盛んに行われています。その象徴と言えるのが、国際リフレクソロジスト協議会が主催している「世界リフレクソロジーカンファレンス」です。

セラピスト本誌でも、日本のリフレクソロジーの第一人者である荻野麻里さんが毎回世界大会に参加し、記事を寄稿しています(現在発売中の12月号では、9月にアメリカアラスカ州で行われた大会をレポート)。

そこで行われたレクチャーや実技をザッと並べてみるだけでも、実に興味深い大会であることが分かります。

「動物のためのリフレクソロジー」

「アーユルヴェーダ・リフレクソロジー」

「ストラクチュラル・リフレクソロジー」

「ストレスとトラウマのためのリフレクソロジー」

なお、現在編集中の20202月号(1月7日発売)の特集は、「フットセラピー」です。今後「フットセラピー」は、どのように発展していくのか? これからの時代に望まれる、様々なメソッドを紹介いたします。乞うご期待下さい!

編集部I

-
/ /

おすすめ記事

no image

セラピストが知っておきたい病気の知識⑤『セラピスト2013年6月号』本誌連動

「セラピスト2013年6月号」にて、クライアントから要望の多い”腰痛”症状の原因や種類を紹介して …
no image

ゲシュタルト療法のワークショップに参加します

こんにちは!セラピスト編集部の諏訪です。 あっという間に8月になりました。8月生まれなので、また今年も一年歳を取ります~ …
no image

自然の恵みを利用したオイル「生の椿油」

古くは「万葉集」「日本書紀」にも登場するほど、日本人は椿を化粧品として身近な存在に置いていました。日本女性の象徴であるつ …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD