視野を狭めてしまわないように……

投稿日:

最近、セラピスト養成スクールの関係者から、「ハンドマッサージ」や「精油のブレンド講座」など、初級者向けセミナーのニーズが高まっているという声を聞きます。

「スクールのカリキュラムを考えていると、専門性の高いコアな講座がどんどん思いつき、それがスキルアップを目指すセラピストたちのニーズに合うものだと思っていたが、実は専門家からみたら物足りないような一般向けの初級講座が求められているのかもしれない」というのです。

確かにコアな内容を好む、専門的視点のニーズもあるでしょうが、そればかり考えていると、どんどん発想が狭くなり、ターゲット層の幅も痩せ細ってしまうでしょう。

これは雑誌を作るときや、人に何かを教えるときなど、さまざまなケースに当てはまることだと改めて実感しました。

稲村

-

おすすめ記事

クレイ

新種クレイの特徴や使い方が分かる! 国際クレイセラピー協会前理事「福島麻紀子来日セミナー2019」開催

10月25日(金)、東京のアットビジネスセンター池袋・別館にて、国際クレイセラピー協会(ICA)が主催する「福島麻紀子来 …

セラピー体験記第12回 前編 病気にならないセルフケアシリーズ第2回

  12回目を迎えた「セラピー体験記」、今回は国際クレイセラピー(ICA)が主催する   「病気にならないセル …

セラピスト12月号、「アロマセラピストの、森林セラピー体験」掲載

現在発売中の「セラピスト12月号」で、「アロマセラピストによる、森林セラピー体験記事」を紹介しています。   …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD