真夏に食べるもの

投稿日:

セラピスト編集部のササキです。

今週でなんと8月も終わり!早いですね~。
でも、相変わらず暑い!暑さだけ続きそうです。

さて、暑い季節に食べたくなるものといえば
「冷たいもの」と「辛いもの」ですね。

身体を冷やしてくれたり、代謝を活発にしてくれたりと
夏にはありがたい食べ物です。

今回ご紹介するのは、私の「夏の定番」です。

まず、冷たいものから。

12_08_27_01.jpg

一面にのせられているのは、「すだち」。
徳島名産の柑橘で、フレッシュな酸味と清々しい香りが特徴で、
うどんなんかにもよく使われますね。

ここ『月心』の名物「すだちそば」は、
かけ汁、すだち、そばのバランスが絶妙。

関西風でやさしい風味の中にもしっかり出汁が効いたかけ汁に、
爽やかなすだちの果汁が溶け合って…これはもう!

ジュースですよ!ジュース!

出汁+すだちのかけ汁に負けないそばも美味。
香り、コシ共に申し分ありません。

かけ汁までゴクゴクと完飲の一杯です。

真夏の週末の午後、
「ああ、今日のランチはすだちそばだ…」と思い立ったら、すぐに行きます。
最寄りの祐天寺駅から多少歩きますが、価値ありの一杯です。

ちなみに、お酒も一品料理も美味しいので
おつまみと日本酒を楽しんで、〆にすだちそばという
極上の週末ランチを楽しむこともできます!

続いて、辛いもの。

12_08_27_02.jpg

九段下駅から程近い「雲林坊」の、「汁なし担々麺」です。

このお店は、神田にある人気中華料理店「雲林」の、麺飯専門業態店。

オープンは2011年と比較的最近ですが、
すでに九段下を代表する店の一つです(今年6月には秋葉原にも2号店がオープン)。

このお店では、本店「雲林」で人気の担々麺と麻婆豆腐が気軽に食べられます。

店内はカウンターのみ、注文は食券制…と、高級中華の系列店には見えませんが、
食べてみれば、味の違いは歴然です。
味の決め手となる唐辛子や自家製ラー油、全粒粉入りの麺など、材料は全て
本店と同じものを使っているというから、それも納得です。

この汁なし担々麺が美味しい理由は、何といっても味のバランス。

担々麺や麻婆豆腐の味を決定づける2種の味覚は、
「麻(マー)」と「辣(ラー)」が重要だといわれています。

簡単に言うと、「麻」は花椒の辛さ(ホアジャオ。舌がしびれるような辛さ)。
「辣」は唐辛子の辛さ(舌がヒリヒリするような辛さ)です。

よく、「本場そのままの味!」みたいな売り文句の料理がありますが、
四川の本場そのままの担々麺は、普通の日本人にとっては相当な辛さです。
よほど食べ慣れていないと、舌の感覚がなくなるほどしびれます。

それが、この店はまさに”絶妙”。
日本人の舌にちょうど良い心地よさのバランスになっているのは、
連日の行列が証明しています。

もちろん、トッピングとして「麻多め」「辣多め」ができるのも嬉しいですね。

心地よい舌のしびれ、唐辛子の辛みで、食べ終わる頃には汗が出ていますが
冷たいものを食べたときとはまた違ったスッキリ感です。

ちなみに…麻婆豆腐も絶品です。
いつも食券機の前で悩んでしまいます…。

以上、夏の大好物のご紹介でした。
少しくらいの夏バテは、美味しいものを食べれば吹っ飛びます(と、私は信じています)!

お近くに寄られた際には、ぜひ足を運んでみてください。

まだまだ毎日暑いですが、元気に乗り切りましょう!v

-

≪ 前の記事

真夏の台湾へ

次の記事 ≫

未来の精油

おすすめ記事

no image

アロマテラピー検定試験 1級対策問題集

女性に寄り添い、生涯トータルケアを!

今日から2月。 東京は、寒さが一段と厳しくなってきました。 防寒対策をしっかりしないと、なかなか外に出られませんね。 昨 …
no image

セラピスト6月号、雲瑶先生の「刮痧」

セラピスト6月号で紹介している刮痧(グアシャ、かっさ)。 解説しているのは、中医鍼灸師、中医診断師、中国国際推拿按摩師で …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD