接客サービスへの意識

投稿日:2014年10月2日

以前、このブログでも、「セラピストのお仕事には様々な側面があります」と書きましたが、セラピストさんたちとお会いするたびに、年々そのような意識を持つ人が増えていると感じています。

セラピストは「職人」である。
セラピストの仕事は「肉体労働」である。
そして、セラピストの職業は「究極のサービス業」である。

お客さまがサロンでお支払いする金額には、技術(手技やカウンセリングなど)や粧材(コスメや精油など)に対するものだけでなく、アドバイス(生活指導やホームケアなど)や環境面(空間や施設など)の要素も含まれています。

そしてさらに大事なことが、接客サービスへの価値。

感動できるほどの優れた接客にはそれだけの大きな価値があり、お客さまの満足度とメニューの価格に反映されます。
そして次の予約へと結びつくのです。

それは、治療行為を目的としたメディカルサロンでも同じこと。

もちろん、優れたサービスは「技術」がしっかりしていないと意味を持ちません。
しかしながら、お客さまが「リピートしたい」と思うサロンには、優れた接客サービスが欠かせません。

今、「接客」をテーマに取材を続けていますが、基本のマナーを身につけて、その上でサロンのカラーに即したオーダーメイドの接客が出来るサロンが増えていると感じます。

141002ina.jpg

今回の特集に限らず、そのようなサロンをどんどん取材して紹介していきますので、皆さんのおすすめサロンとセラピストさんを、是非お知らせください!

稲村

-
/ /

おすすめ記事

no image

「ビューティワールド ジャパン」開幕!

日本最大の国際総合ビューティ見本市、「ビューティワールド ジャパン」が、本日開幕しました。 第17回目となる今回も、初日 …

生活の木・佐々木薫さんと語る、「アロマ・ハーブと植物の魅力」。17人目のゲストは――

アロマやハーブなど、植物の魅力を仕事や暮らしに活かしながら、その良さを多くの人に提案している方たちがいます。 彼らをゲス …

「スポーツ分野」に日本産精油を広めるために

セラピスト誌連載中の『人と自然をつなぐ、日本産精油』。日本産精油ブランド「yuica」を誕生させ、日本産アロマの業界を牽 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD