接客サービスへの意識

投稿日:2014年10月2日

以前、このブログでも、「セラピストのお仕事には様々な側面があります」と書きましたが、セラピストさんたちとお会いするたびに、年々そのような意識を持つ人が増えていると感じています。

セラピストは「職人」である。
セラピストの仕事は「肉体労働」である。
そして、セラピストの職業は「究極のサービス業」である。

お客さまがサロンでお支払いする金額には、技術(手技やカウンセリングなど)や粧材(コスメや精油など)に対するものだけでなく、アドバイス(生活指導やホームケアなど)や環境面(空間や施設など)の要素も含まれています。

そしてさらに大事なことが、接客サービスへの価値。

感動できるほどの優れた接客にはそれだけの大きな価値があり、お客さまの満足度とメニューの価格に反映されます。
そして次の予約へと結びつくのです。

それは、治療行為を目的としたメディカルサロンでも同じこと。

もちろん、優れたサービスは「技術」がしっかりしていないと意味を持ちません。
しかしながら、お客さまが「リピートしたい」と思うサロンには、優れた接客サービスが欠かせません。

今、「接客」をテーマに取材を続けていますが、基本のマナーを身につけて、その上でサロンのカラーに即したオーダーメイドの接客が出来るサロンが増えていると感じます。

141002ina.jpg

今回の特集に限らず、そのようなサロンをどんどん取材して紹介していきますので、皆さんのおすすめサロンとセラピストさんを、是非お知らせください!

稲村

-
/ /

おすすめ記事

レッドクローバーセラピスト4月号

さて、このハーブは何でしょう? ヒントは“女性の味方”!

こんにちは。編集部のバラールです。 季節の変わり目って、心身ともに“何となく不調”を感じやすいですよね。それに加えて特に …
no image

ホテルのスパに望むこと

2012年も残り一月半となり、街はクリスマスの装いに包まれ、年末年始の過ごし方を提案する様々な情報が巷に溢れるようになり …
no image

セラピスト本誌創刊15周年記念セミナーその2。小林ケイさんが語る、「クライエントに求め続けられるセラピストとは?」

セラピスト本誌創刊15周年の感謝を込めて、7月24日(日)に開催する「特別セミナー」。 テーマは、「5年後、10年後に、 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD