猫は先生。

投稿日:

こんにちは。
セラピスト編集部のはんざわです。

先日、セラピスト10月号が発売になりました。
ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
<(_ _)>

今回も、腸セラピー、ワークショップの特集や、
メディカルアロマ、サロン経営、足裏分析、北海道の精油の生産現場のレポートなど盛りだくさんです。
手に持ってもらえたらうれしいです。

で、話は変わり、先月、猫の写真展(@渋谷ヒカリエ)を見てきました。
言わずとしれた、大人気の動物写真家、岩合光昭さんの展覧会です。

130918.jpg

(↑会場入口前の柱)

当然のことながら、展覧会は猫、猫、猫、猫、猫づくし。
猫好きと思われる方々が群れを成していました。

私の人生の野望に、「猫と暮らす」があります。
さっさと飼えばいいのですが、一人暮らしの諸事情でその野望は果たせておらず、
こういったもので、その思いを発散しています。

猫もの映画も好きで、「猫」がキーワードになっていると、つい見てしまいます。
ベスト猫映画は、ロシア映画の「こねこ」。
ある一般家庭で飼われていた子猫が、ふとした弾みで家の外に出てしまい、迷子になってしまう物語です。
劇中では、フリーターの青年に飼われている10何匹の猫が出てきたりして、
たくさんの猫が楽しめます。
猫のなわとびとか(虐待ではありません)、めったに見られないものが見られるだけでなく、
映画としても、映像がきれいで登場人物も魅力的。
猫好きでなくても見られる、おすすめ映画です。

ちなみに「トイレット」という荻上直子さん監督の日本映画では、
「センセー」と名付けられた、猫が出てきます。
名付けの由来は、「猫は先生」。
すっごく分かります。その気持ち。

マイペースで素直ですばらしい。
自分が好きにしつつ、周りも癒す。
猫はまさに畏怖すべき「先生」です。

セラピストさんは、猫派が多いのか、犬派が多いのか分からないのですが、
犬的セラピストマインドは、比較的イメージできても、
猫的セラピストマインドは、なかなか持てない気がします。
猫的セラピストマインドは高度なテクニックな気がします。

一人だけ、猫的セラピストマインドを持っている知人がいますが、
ちっとも周りのことを気にしないその姿勢に、会う度に癒されます。
こんな風になれるなんて、たぶん一生無理だなと、いつも悟ります。

そんなわけで、猫でも大丈夫なアロマが開発されるのを、心から願っています。
意味不明なブログですみません。

ではではまた〜。

-

おすすめ記事

no image

内臓って大切!

こんにちは! 編集部の諏訪です 本日、「セラピスト2月号」の特集の取材に 行って参りました。 取材させていただいたのは、 …

杉本かおる氏による「フリーランスのための企画書講座」3/26(火)に開催

ICA主催の「企画書」を書くノウハウを1日で学べる特別講座、杉本かおる氏を講師に迎えた「フリーランスのための企画書講座」 …
no image

セラピスト10月号取材裏話!(足裏分析)

こんにちは。セラピスト編集部のはんざわです。 セラピスト10月号が発売して1ヵ月経ちました。はんぱな時期のような気もしま …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD