エステティックの夢舞台

投稿日:

5月13〜15日まで、東京ビッグサイトで開催された「ビューティーワールド ジャパン」。

毎年5万人を超える入場者で賑わう国内最大の見本市には、無料聴講できるメインステージがあり、技術・コスメ・集客・経営など、さまざまなジャンルのセミナーを日替わりで聴くことが出来ます。

今年、この舞台に講師として初めて登壇したのが、パールケイの服部恵さんでした。

服部さんの名前を初めて聞いたのは、2008年3月、日本エステティック協会が創立35周年記念大会で開催した「エステティックコンテスト」の時。
まるでボディトリートメントを施すように、優雅に舞うように、全身を使って行うフェイシャルトリートメントが、参加者の中で一際目を引いたのを覚えています。

その時の記事をきっかけにして、取材をする機会が少しずつ増えていきましたが、会うたびに感じたのは、エステティックへの熱い想いでした。

お客さまを、内と外から美しくしたいという熱意。
エステティックの良さを、1人でも多くの人に知っていただきたいという想い。
そして、エステティシャンという仕事への誇り──。

いつでも時間の許す限り、これらの想いを語りつづけ、実行に移してきました。
そして当時から、ビューティーワールド ジャパンのメインステージに立つことが目標であると、ハッキリと公言していたのです。

あれから5年──。

エステティックグランプリや各種セミナー、メディアを通じて、大勢のエステティシャンに知られる存在となり、「夢の舞台」に駆け上がった服部さん。

130517_ina01.jpg

その講演を聴こうと集まった人々の数は700人を超えました。

130517_ina02.jpg

これは、ビューティーワールド ジャパン・メインステージセミナーの歴史上、最高人数だそうです。

おそらくこの人数は、服部さんのエステティックに対するゆるぎない思い、強い意志、そしてそのために費やした数々の努力に対する現れであり、結晶だったのではないでしょうか。

稲村

-

おすすめ記事

「セラピスト6月号」本日発売! 本誌に登場する「今、注目のセラピストたち」を、WEBで紹介しています!

「セラピスト6月号」が本日発売となります!       第1特集は、「40代、50代でセラピストにな …

セラピスト本誌創刊15周年記念セミナーその3。和真音さんの「シンギング・リン特別演奏」

皆さんは、 シンギング・リンをご存知でしょうか? シンギング・リンとは、360度どこを奏でても同じ周波数と倍音を奏でる音 …
no image

日本一のおもてなしサロン②

「第3回エステティックグランプリ」もう一つの予選第1位のサロンは、「ANGELUX長野店」。 訪れたお客さまの誰もが「私 …

おすすめセミナー

おすすめ書籍&DVD